お問い合わせ

2社間ファクタリングとは?しくみとメリット・デメリットを紹介

2社間ファクタリングは買取ファクタリングの一種で、企業の資金調達方法のひとつとして利用されています。ここでは、2社間ファクタリングのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。
これまで、ファクタリング以外の方法で資金調達をしてきた経営者の方や、ファクタリングのサービス内容について違いがよくわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、おもに中小企業の経営者や個人事業主を中心に、資金調達方法のひとつとして活用されています。以下にファクタリングを利用するタイミングと、ファクタリングの種類についてまとめました。

ファクタリングを利用するタイミング

日本の企業間の取引は、掛取引が主流のため、商品やサービスの引き渡し時に代金を支払わず、後日決められた期日までに支払いを行うことが一般的です。そのため、一時的な資金繰りに困ってしまった場合、「将来支払ってもらえる権利=売掛債権」をファクタリング会社に売買・譲渡することで早期現金化ができ、一時資金の調達に便利です。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、大きく分けて、買取ファクタリング、保証ファクタリング、国際ファクタリングの3種類があります。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、早期に現金化する方法です。買取ファクタリングは、売掛先に通知を行わずに実行できる2社間ファクタリングと、売掛先を含めて取引をする3社間ファクタリングがあります。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、売掛債権が回収不能に陥った場合にのみ、ファクタリング会社があらかじめ定めた保証金額を支払うというサービスです。保険に近い役割を持っています。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、海外企業との貿易取引の際、信用状(L/C)の発行を省略するために活用される方法です。商品納入後、海外の取引先から海外のファクタリング会社宛に売掛代金が入金され、その後、さらに日本のファクタリング会社を通して代金を受け取ります。

ファクタリングの主流サービス・2社間ファクタリングのしくみ

ファクタリングの主流サービス・2社間ファクタリングのしくみ

2社間ファクタリングは、ファクタリングを利用したい企業とファクタリング会社の2社のあいだで取引が完結します。2社間ファクタリングの流れは下記のとおりです。

<2社間ファクタリングの流れ>

  1. 売掛金の発生
  2. ファクタリング会社に売掛債権の買い取りを依頼し、契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社が債権譲渡代金を支払う(売掛債権の現金化)
  4. 取引先企業から売掛金が支払われる
  5. 取引先企業から支払われた金額を、ファクタリング会社に支払う

2社間ファクタリングの流れ

2社間ファクタリングは、債権を譲渡したことが取引先に通知されることはありません。そのため、売掛債権の入金期日が来ると、通常どおり取引先から自社に対して売上の入金があります。
この売上は入金後、すぐにファクタリング会社に支払います。

2社間ファクタリングのメリット・デメリット

2社間ファクタリングのメリット・デメリット

買取ファクタリングには、2社間ファクタリングのほかに、取引先を含めた3社間で取引を行う3社間ファクタリングもあります。
3社間ファクタリングと比較した場合に、2社間ファクタリングにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングの最も大きなメリットが、取引先に知られずに手続きを進めることができるという点です。債権譲渡登記を行わずに手続きを行うファクタリング会社を利用すれば、通常の手続きの中で取引先にファクタリングを利用した事実が知られる心配はまずありません。

ファクタリングは法的にも認められた資金調達方法ですが、取引先に知られてしまうと「資金繰りがきびしいのではないか」という疑念を抱かれてしまう可能性もあります。
また、取引先を含めずに取引が完結することから、手続きもスムーズで、スピーディーな資金調達が可能です。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングのデメリットには、手数料が3社間ファクタリングに比べてやや高めに設定されているという点が挙げられます。3社間ファクタリングの手数料は1~5%程度ですが、2社間ファクタリングは10~30%程度が一般的です。

また、3社間ファクタリングでは、取引先から直接ファクタリング会社に代金が支払われますが、2社間ファクタリングの場合は、一度自社に入金された代金をファクタリング会社へ送金し直す必要があります。入金後は、すみやかな支払い手続きが必要です。

なお、2社間ファクタリングは、銀行系列の大手ファクタリング会社などではサービスとして取り扱っていないケースもあります。2社間ファクタリングを希望する場合は、ファクタリングを専門に取り扱っているファクタリング会社に依頼しましょう。

2社間ファクタリングなら売掛債権の早期現金化が可能

2社間ファクタリングは、取引先に対する売掛債権を、スピーディーに現金化できる方法です。3社間ファクタリングと比べて手数料が高めであるという難点はありますが、取引先にも知られずに手続きを進めることができます。

MI Visionでは、ファクタリングによる企業の経営安定化のサポートとともに、金融のプロフェッショナルによる財務コンサルティングも行っております。早急な資金確保が必要なときは、MI Visionの2社間ファクタリングをご検討ください。