お問い合わせ

3社間ファクタリングとは?しくみとメリット・デメリットを紹介

3社間ファクタリングは買取ファクタリングの一種で、企業の資金調達方法のひとつです。
ここでは、3社間ファクタリングのメリット・デメリットについてご紹介します。また、具体的にどのような手順で買い取りが行われているのかについてまとめました。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで現金を手に入れる資金調達方法のことです。おもに欧米で活用されることが多く、日本ではそれほど利用者が多くありませんでしたが、近年、急速に利用者が増加しています。

ファクタリングには、大きく分けて、買取ファクタリング、保証ファクタリング、国際ファクタリングの3種類があります。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、早期に現金化する方法です。買取ファクタリングは、売掛先に通知を行わずに実行できる2社間ファクタリングと、売掛先を含めて取引をする3社間ファクタリングがあります。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、売掛債権が回収不能に陥った場合にのみ、ファクタリング会社があらかじめ定めた保証金額を支払うというサービスです。保険に近い役割を持っています。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、海外企業との貿易取引の際、信用状(L/C)の発行を省略するために活用される方法です。商品納入後、海外の取引先から海外のファクタリング会社宛に売掛代金が入金され、その後、さらに日本のファクタリング会社を通して代金を受け取ります。

3社間ファクタリングのしくみ

3社間ファクタリングのしくみ

3社間ファクタリングは、売掛債権の現金化を希望する企業とファクタリング会社、そして、売掛先である取引企業の3社間で取引を行う買取ファクタリングです。3社間ファクタリングのおもな流れは下記のとおりです。

<3社間ファクタリングの流れ>

  1. 売掛金の請求(売掛債権の発生)
  2. ファクタリング会社に売掛債権の買い取りを依頼し、契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社が取引先企業に対して売掛債権の譲渡通知を行い、承諾を得る
  4. ファクタリング会社が、売掛債権を譲渡した代金を支払う(売掛債権の現金化)
  5. ファクタリング会社が、取引先から直接代金を回収する

3社間ファクタリングの流れ

3社間ファクタリングは、直接取引先からファクタリング会社に支払いが行われます。万が一、取引先からファクタリング会社への支払いが滞った場合でも、ファクタリングを利用した会社が支払いを行う必要はありません。

ただし、取引先に対して債権譲渡通知を行い、承諾を得る必要があることから、取引完了までには一定の時間がかかります。また、承諾が得られなかった場合、3社間ファクタリングは利用できません。

3社間ファクタリングのメリット・デメリット

3社間ファクタリングのメリット・デメリット

同じ買取ファクタリングである2社間ファクタリングと比較した場合、3社間ファクタリングにはどのようなメリットとデメリットがあるのかでしょうか。

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングの最も大きなメリットは、手数料が低めに設定されているということです。2社間ファクタリングの手数料が10~30%程度であるのに対し、3社間ファクタリングは手数料が1~5%程度と、非常に低く設定されています。
なお、3社間ファクタリングは、大手銀行系列のファクタリング会社でも盛んに行われているサービスです。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングのデメリットには、取引先を交えて取引を行うことによる影響が挙げられるでしょう。3社間ファクタリングでは、ファクタリングを利用しようとしている企業とファクタリング会社だけでなく、取引先も含めた3社で取引を行います。その分、手続きにも時間を要し、取引先にファクタリングを利用することを知らせる必要もあります。

ファクタリングは、近年注目を集めている資金調達方法のひとつですが、融資ほど一般的な方法ではありません。そのため、取引先に知られた場合、「売掛債権を売却するとは、資金繰りがよっぽどきびしいのかもしれない」と思われてしまうリスクをはらんでいます。
また、3社間ファクタリングを取り扱っていないファクタリング会社もあるため、希望しても利用できないケースもあります。

3社間ファクタリングは手数料の低さが魅力

買取ファクタリングの難点である手数料を、非常に低く抑えることができるのが3社間ファクタリングの魅力です。半面、取引先に知られてしまう、手続きに時間がかかるといったデメリットもあります。そのため、取引先に知られても問題のない売掛債権をファクタリングしたい場合に利用するのがおすすめです。
MI Visionでは、3社間ファクタリングのサービスをご提供していますが、3社間ファクタリングを取り扱っている会社は限られています。ご希望の場合は、あらかじめ取り扱いがあるかどうか、ファクタリング会社への確認をおすすめします。