お問い合わせ

賃借対照表と損益計算書はどう見る?お金の流れを把握しよう

会社の決算期や確定申告時期に作成する賃借対照表と損益計算書は、どちらも決算書の一部であり、事業の経営状態を示す重要な書類です。賃借対照表と損益計算書には一定の関係があり、会社や事業の財務状態を把握するには、両方の見方を知っておくことが不可欠といえるでしょう。
ここでは、賃借対照表と損益計算書それぞれの構成や見方のほか、お金の動きの読み取り方などについて解説します。

決算書とは?

賃借対照表や損益計算書といった決算書は、会計年度ごとに作成され、その年度の利益と損失がどうだったのか、財務状態がどうなっているのかを表す会社の書類のことです。決算書は俗称で、正式には財務諸表といいます。
とはいえ、財務諸表という名前の書類が存在するわけではなく、賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書といった書類の総称となります。

決算書の構成

決算書を構成する書類のうち重要なのが、財務三表といわれる賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書です。
賃借対照表が表すのは、会計年度の終わりの時点で会社が保有する資産と負債、資本の状況です。損益計算書が表すのは、会社の一1年間の収益と費用で、キャッシュフロー計算書は、どこで現金を使い、どこで現金を得たのかといった現金の流れを表すものになります。

それぞれの書類は、単独では会社の財務状況の一面を表すだけに過ぎませんが、組み合わせて見ることで、全体像を把握することが可能になります。
なお、確定申告では、法人の場合は確定申告書のほかに賃借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書など 、個人事業主は、青色申告で55万円(電子申告の場合は65万円)の特別控除を受ける場合は、賃借対照表と損益計算書の提出が必要です。

個人事業主と法人企業が決算書を作成する意味

個人事業主や企業が決算書を作成する意味は、大きく分けて3つあります。
税務署に確定申告をするためと、会社の債権者や株主、投資家に対して、会社の経営状態を報告するため、そして、経営者が自分の事業や会社の財務状況を把握するために必要な場合があるからです。

決算書を読み込んで分析することは、自社の経営状態や資金繰りのバランスを正しく把握し、事業を成長させていくのに役立ちます。決算書は、作成が義務づけられているから作るだけではなく、経営上の分析にも非常に大切なものなのです。

賃借対照表と損益計算書の構成とそれぞれの見方

続いては、賃借対照表と損益計算書の構成と、それぞれの見方について解説します。

財政状況を表す「賃借対照表」

賃借対照表とは、会計年度の末日時点で、会社が保有する資産と負債のバランスを表したものです。英語ではバランスシート(Balance Sheet)と呼ばれ、「B/S」とも表記されます。

■賃借対照表の構成

賃借対照表の構成

賃借対照表の左側は会社の「資産」に関する情報で、会社が財産をどれだけ持っているのかが記載されています。例えば、現金、預貯金、売掛金、不動産、機械設備といった項目が挙げられます。
左側の資産に対して、賃借対照表の右側はお金の調達方法を記載します。「負債」とは他人から借りてきたお金で、買掛金や長期借入金などが該当します。一方、「資本(純資産)」は自分で用意したお金で、資本金や利益剰余金などが該当します。

賃借対照表では、必ず「資産=負債+純資産」となり、表の右側と左側の合計額は一致するしくみです。

経営成績を表す「損益計算書」

損益計算書とは、その会計年度において会社の収益とかかった費用、利益を表したものです。英語ではプロフィット・アンド・ロス・ステートメント(Profit & Loss statement)と呼ばれ、「P/L」とも表記されます。

■損益計算書の構成

損益計算書の構成

損益計算書の構成要素は、「費用」「収益」「利益(損失)」の3つです。収益は、費用を差し引く前の金額で、利益は費用を差し引いた後の金額です。損益計算書は、収益から費用を差し引き、利益を計算するという構成になっています。
なおこのうちの利益は、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つに分類されます。それぞれが示す内容は、下記のとおりです。

売上総利益

売上総利益は、自社の商品やサービスを販売することで儲かったお金の総計です。売上高から売上原価を差し引くことで求められます。

営業利益

営業利益は、会社の本業で上げた利益のことです。売上総利益から、販売費および一般管理費をはじめとする営業活動に不可欠な経費を差し引くことで求められます。

経常利益

経常利益は、営業利益に、本業以外での利益を加えたものです。営業利益と営業外収益を加算したものから、営業外費用を差し引いた額で計算します。

税引前当期利益

税引前当期利益は、各種税金を支払う前の利益総額です。経常利益に固定資産の売却益などの特別利益を加え、災害による損失などの特別損失を差し引くことで求めます。

当期純利益

当期純利益は、当会計年度における最終的な利益のことです。税引前当期利益から法人税などを差し引きます。

なお、損益計算書のポイントは、最終的な利益だけでなく、何によって利益が上がったのかが明確にされていることです。例えば、当期純利益が黒字でも、「営業利益が赤字で固定資産税を売却した特別利益で補っているから、経営を見直す必要がある」といったことがわかります。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

賃借対照表と損益計算書の関係を見るには?

賃借対照表は、ある時点の資産と負債、純資産の状況を表したもので、損益計算書は一定期間の財務状況を表したもののため、つながりはないように思えますが、両者は賃借対照表の「利益余剰金」と損益計算書の「当期純利益」の部分でリンクしています。

■貸借対照表と損益計算書の関係

前期 賃借対照表 当期 損益計算書 当期 賃借対照表

貸借対照表と損益計算書の関係

会社が上げた利益は、株式会社では一定の割合で株主に分配され、残りは会社に蓄積されます。この蓄積された分は、賃借対照表の資本(純資産)の欄に「利益剰余金(利益準備金とその他利益剰余金)」として記載 されています。
つまり、損益計算書の「当期純利益」から株主への分配分を差し引いたものが、賃借対照表の「利益剰余金(利益準備金とその他利益剰余金)」という関係になっているわけです。

■賃借対照表の「資本(純資産)」欄内訳

資本金
資本剰余金 資本準備金
その他資本剰余金
利益剰余金 利益準備金
その他利益剰余金
(当期純利益-株主への分配分)
自己株式

賃借対照表と損益計算書で会社の資産、負債、資本と年間の財務状況を知ると同時に、資金繰りを把握することも大切です。
賃借対照表と損益計算書からは、売上の計上時期と現金が入るタイミングのずれまではわかりません。「利益は出ているのに、現金が足りない」といったことにならないように、キャッシュフロー計算書や資金繰り表を使って現金の流れを把握し、必要な資金調達を行うことも大切です。

 
その請求書を最短5時間で資金化

損益計算書と賃借対照表を活用しよう

賃借対照表と損益計算書から読み取れるお金の動きは、会社の運営を見直したり、事業をさらに成長させるための戦略を考えたりするのに役立ちます。賃借対照表と損益計算書、さらにキャッシュフロー計算書や資金繰り表を作成することで、経営の安定化にもつながります。

また、決算書を活用してお金の流れを把握しながら、必要な資金調達を行うことも大切です。なお、資金調達まであまり時間の余裕がない場合は、スピーディーに売掛債権を現金化できるファクタリングがおすすめです。
MI Visionでは、それぞれの企業に合ったファクタリングの活用方法をご提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。

MI Visionへのご相談はこちら
お問い合わせ