お問い合わせ

買掛金とは?未払金と未払費用との違いや仕訳方法について解説

買掛金は、掛取引によって商品を仕入れた場合、まだ支払われていない代金の仕訳で用いる勘定科目です。買掛金と同じく未払いであることを示す勘定科目には、「未払金」や「未払費用」があり、まぎらわしいと感じる方がいるかもしれません。
ここでは、買掛金と未払金や未払費用との違いのほか、具体的な買掛金の仕訳例について解説します。

買掛金は掛取引で使われる勘定科目

買掛金は、営業活動に関わる取引のうち、掛取引の際に用いられる勘定科目です。具体的には、商品や原材料の仕入代金、外注加工の依頼費用などが該当し、買入れ側には代金を後払いで支払う義務が発生しているため、貸借対照表上では「負債」に含まれます。

掛取引は、商品やサービスの代金を後日支払う約束で取引することで、事業を運営する上で日常的に発生します。
現金取引の場合は、商品を購入する際、その商品と引き替えに代金を支払いますが、掛取引の場合は、商品やサービスを先に受け取った時点では支払いは発生しません。月ごとなど定められた期間内の取引金額に対して後日請求書が発行され、買い手側はそれに基づいて期日までに代金を精算するのです。

掛取引は、売り手側と買い手側の双方が請求と支払いをまとめて行えるため、手間を省けるというメリットがある反面、信用のもとに成り立っています。

未払金、未払費用、売掛金との違い

買掛金と同様に未払代金を示す勘定科目に「未払金」や「未払費用」があります。また、掛取引に関連する用語には、買掛金のほか「売掛金」があります。それぞれの用語の意味について、違いを確認しておきましょう。

未払金

未払金は、「後日支払わなければいけない代金」という意味では、買掛金と同じですが、買掛金が商品などの仕入れに関連して発生するのに対し、未払金は、本来の営業取引ではなく単発的な取引から発生した債務を対象とします。
例えば、固定資産(土地建物・機械設備・車両など)、有価証券、交際費、設備の修理・メンテナンス費、広告宣伝費などに関して代金の支払いが完了していない場合が、未払金にあたります。なお、支払期限が1年を超えるものは、長期未払金として処理を行います。

未払費用

未払費用は、買掛金や未払金に該当しない継続した契約によって生じる費用に関する勘定科目で、おもに決算のときに用います。例えば、ガス・電気・水道代、地代家賃のほか、設備や車のリース代、保険料、借入金の利息などが未払費用にあたります。
水道光熱費や家賃などは、一定期間の利用分を決まった期日に支払う契約になっていることが大半です。これらの費用の支払期日が決算をまたぐ場合、決算日以前に発生した(当期分)費用と来期以降の費用に分け、正確な損益計算を行うために、未払分を未払費用として計上します。

売掛金

売掛金は、買掛金と同様に掛取引で用いられる勘定科目です。ただし、買掛金が仕入時(購入時)に使う勘定科目であるのに対し、売掛金は商品やサービスの販売時に使います。商品やサービスを掛取引で販売した場合、その代金を後日受け取る権利として売掛金が発生します。買掛金は貸借対照表上では「負債」ですが、売掛金は「資産」にあたります。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

買掛金の仕訳方法

買掛金の仕訳方法

買掛金は、事業を営む上で日常的に使用する勘定科目です。買掛金が発生したときにどのような処理を行えばいいのか、具体的な仕訳方法を解説します。

掛取引での仕入時

仕入れた商品が到着したタイミングなど、商品を受け取ったときに仕入れの処理を行います。商品を仕入れた時点で代金を支払うわけではないので、買掛金は負債として処理します。

■10万円の商品を掛取引で仕入れた場合

借方 貸方
仕入 100,000円 買掛金 100,000円

買掛金という負債が発生したため貸方に記入し、仕入は費用に分類されるので借方に記入します。

現金での支払時

買掛金の10万円を、後日、現金で支払ったときは、次のような仕訳になります。

■買掛金10万円を現金で支払った場合

借方 貸方
買掛金 100,000円 現金 100,000円

仕入れの際に発生した負債がなくなるので、借方には買掛金と記入します。そして、現金を支払うことによって資産が減少したため、貸方に現金と記入します。
なお、買掛金を普通預金または当座預金から支払った場合は、貸方の勘定科目は現金ではなく普通預金または当座預金になります。

値引きや返品時

仕入れた商品の汚れや破損、数量違いなどによって、値引きや返品が行われることがあります。このようなとき、掛取引では、買掛金から値引きや返品分を減額するのが一般的です。

■10万円で仕入れた商品を1万円分値引きしてもらった場合

借方 貸方
仕入 100,000円 買掛金 100,000円
借方 貸方
買掛金 10,000円 仕入 10,000円

値引きや返品の金額分だけ、仕入れ時と逆の仕訳をします。値引きによって仕入(費用)が減少し、同時に後日支払う買掛金(負債)も減少したことになります。

約束手形を振り出した

買掛金の支払いで、手形を振り出して行うことがあります。この場合は、次のように「支払手形」勘定で仕訳します。

■買掛金30万円について手形を振り出して支払った場合

借方 貸方
買掛金 300,000円 支払手形 300,000円

仕訳の日付は手形の振出日です。買掛金を解消し、同時に支払手形が負債として生じたという処理を行います。

売掛金と相殺するとき

同じ取引先に対して、買掛金と売掛金が同時に発生している場合、それぞれを相殺して処理することができます。相殺処理をするときは、基本的には双方の合意が必要です。

■10万円の買掛金を、同じ取引先に対する売掛金10万円と相殺する場合

借方 貸方
買掛金 100,000円 売掛金 100,000円

補助元帳(買掛金元帳、売掛金元帳)とは?

仕入先ごとの買掛金残高を管理するための補助簿を、「買掛金元帳(買掛金台帳)」といいます。買掛金の増減は総勘定元帳を見ればわかりますが、どの仕入先に対して、どれくらい買掛金が残っているかは把握しきれません。買掛金は、仕入先にとっては売掛金にあたり、万が一支払いを忘れると仕入先は売上を回収できないことになってしまいます。支払いの漏れや遅れを防ぐためにも買掛金元帳を作成し、日頃からしっかりと管理しておくことが大切です。

なお、買掛金元帳に対して、取引先ごとの売掛金を管理するための補助簿を「売掛金元帳(売掛金台帳)」といいます。そして、買掛金元帳や売掛金元帳のように、特定の勘定についての明細を記録した帳簿を「補助元帳」といいます。

売掛金、買掛金には時効がある?

売掛金、買掛金には時効がある?

仕入れによって発生した買掛金は、取引の相手方である仕入先にとっては売掛金ということになります。民法によって売掛金には時効が定められており、売掛金の権利が消滅した時点で、買掛金の支払義務もなくなるため注意が必要です。

なお2020年4月から施行された改正民法によって、業種にかかわらず、売掛金の消滅時効は原則5年と定められています。ただし、債権者側が所定の手続きをとることによって、時効をリセットしたり一時的に中断したりすることが可能です。

買掛金の回転期間と回転率

買掛金の回転期間や回転率は、債務の状況を確認したり、資金繰りの状態を分析したりする手掛かりとなるものです。

買掛金の回転期間は、「買掛債務回転期間」または「仕入債務回転期間」と呼ばれ、商品を仕入れてから実際に支払いをするまでの期間がどれくらいかを示すものです。回転期間が短いほど、支払いが滞りなく行われていることになり、事業の安定性を見る指標となります。買掛金の回転期間は、次のような計算によって算出されます。

<日で表す場合の計算式>
買掛金の回転期間=買掛金残高÷(仕入高÷365日)
※うるう年は366日
<月で表す場合の計算式>
買掛金の回転期間=買掛金残高÷(仕入高÷12ヵ月)

また、買掛金の回転率は、回転効率を%(パーセント)で直したものです。回転率は、次のような計算式で求められます。

<買掛金の回転率を表す計算式>
買掛金の回転率=(仕入高÷買掛金残高)×100

仕入債務回転期間についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
仕入債務回転期間の計算方法と考え方のポイントを解説

 
その請求書を最短5時間で資金化

買掛金や売掛金が発生する掛取引は信用の上に成り立つ取引

掛取引は、仕入先や取引先との信頼関係の上に成り立つ信用取引です。事業が拡大するほど掛取引の機会も増えるため、買掛金や売掛金を日頃からきちんと管理しておくことが大切です。
また、買掛金は資金繰りにも大きく影響します。買掛金と未払金、未払費用などとの違いを把握し、正しく区別して計上しましょう。

MI Visionでは、売掛金を活用した資金調達方法「ファクタリング」のサービスを行っています。資金繰りに不安を感じている方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

MI Visionへのご相談はこちら
お問い合わせ