お問い合わせ

事業資金が300万円足りない!融資を断られたときの資金調達の方法は?

漫画:資金調達の新たな手段として注目されているファクタリング

事業の資金調達を考えた際に、最初に思いつくのは金融機関からの融資でしょう。
ただし、事業を行っていれば、「金融機関からはこれ以上融資を受けられない。けれど、ここを乗り切るためには、今どうしても300万円が必要」という状況になることもあります。

事業資金が足りない

そんな、一時的にまとまった資金の調達が必要なときに最適なのが、海外では広く普及しており、近年日本でも注目が集まっている資金調達方法のひとつ、ファクタリングです。
ここでは、ファクタリングの概要と日本での利用状況のほか、実際に利用した方の声をご紹介します。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、会社が保有する売掛金をファクタリング会社に売買・譲渡することで、期日到来前に現金化できるサービスのことです。通常、売掛金は請求書を発行してから実際に入金されるまでに、1~2ヵ月程度の時間を要します。そのため、例えば300万円の売上(未来に手にする予定のお金)があっても、手元資金が不足してしまい、支払いに困るケースが起きてしまうのです。
そのような一時資金のつなぎとしてファクタリングを利用することで、現金を手に入れるまでの時間を短縮することができます。
ファクタリングは融資ではないので、後々返済に苦しめられる心配もありません。ファクタリングには、おもに次のような特徴があります。

<ファクタリングの特徴>

  • 申し込んで1日から数日で資金調達できる
  • 取引先に知られずに利用可能
  • 赤字決算や創業したばかりの会社でも利用可能
  • 返済の必要がない

ファクタリングのしくみ

ファクタリングには、おもに利用者企業様とファクタリング会社の2社のみで取引を行う「2社間ファクタリング」と、利用者企業様とファクタリング会社、売掛債権の債務者である取引先企業の3社間で取引を行う「3社間ファクタリング」があります。世界的には3社間ファクタリングが主流であり、2社間ファクタリングは日本で独自に発展したものです。

3社間ファクタリングは、利用する企業とファクタリング会社が売掛債権の譲渡契約を結んだ後、ファクタリング会社から取引先企業に対して債権譲渡通知を行い、承諾を得た後、ファクタリング会社から利用者企業様に対して、買い取り代金(債権譲渡代金)が支払われます。
そして、請求書の入金指定日には、ファクタリング会社が所定の金額を直接取引先企業から回収します。

これに対し、2社間ファクタリングでは、利用者企業様とファクタリング会社が契約を結んだ後、まずファクタリング会社から利用者企業様に買い取り代金(債権譲渡代金)が支払われます。その後、請求書の入金指定日に取引先企業から利用者企業様に入金されたら、そのまま債権の所有者であるファクタリング会社に全額を引き渡すことになります。

日本でのファクタリングの利用状況

ファクタリングには長い歴史があり、本格的に運用され始めたのは1900年頃のアメリカだといわれています。後に、欧米を中心に広く利用されるようになり、現在の欧米では一般的な資金調達方法として定着しています。

日本では、1970年初頭にファクタリングを行う金融機関が登場しています。ただし、当時の企業間取引は手形による決済が一般的で、入金期日到来前の債権現金化の需要はなく、長らく注目されることはありませんでした。しかし、バブル崩壊後、手形取引が「コストがかかる」「流動性が低い」との理由で徐々に廃れていく中で、ファクタリングに注目が集まります。
1998年に、法人が有する動産・債権の譲渡について、民法の対抗要件の特例を認めた「債権譲渡特例法」(2005年に一部改正。現在の動産・債権譲渡対抗要件特例法)が施行され、債権譲渡登記制度が整えられるようになります。このことが追い風となり、日本でも徐々にファクタリングが資金調達方法のひとつとして、浸透し始めました。
現在では、中小企業庁からも「売掛債権の利用促進について」というレポートが出されており、ファクタリング利用の拡大が続いています。

ファクタリングはMI Visionでのご利用をご検討ください

ファクタリングはMI Visionでのご利用をご検討ください
お申込みから資金調達までが最短即日、平均2日と非常に短いファクタリングは、一時的に資金が必用な場合に適した資金調達の方法です。
MI Visionでは、単なる一時資金の提供にとどまらず、長期的な経営体質改善、資金繰り体制改善を目指したサポートを行っています。MI Visionにおけるファクタリングの流れは以下のとおりです。

<MI Visionのファクタリング取引の流れ>

  1. お電話でのヒアリング
  2. 書類のご提出
  3. 来社面談
  4. 契約・実行
  5. アフターケア

ファクタリングサービスを通じ、長期的、多角的な視点からお客様の資金繰りを無理なく改善していくことがMI Visionの経営理念です。
ご契約前の面談では、金融業界に詳しい専門のコンサルタントが、直接現在の状況についてお伺いします。最初にしっかりヒアリングをすることで、企業様にとって最適な資金調達計画をご提案いたします。

2回目以降のお取引の際は、郵送による手続きも可能です。また、将来的に見込まれる債権についてファクタリングを行う、「将来債権ファクタリング」もご利用いただけます。
さまざまな状況・お悩みに親身になって対応させていただきますので、資金繰りにお困りの方や、ファクタリングの利用を検討されている方は、ぜひご相談ください。なお、ファクタリングやMI Visionのサービスの詳細については、ウェブサイトで詳しくご案内していますので、こちらもご参考にしてください。

<MI Visionについてはこちら>
株式会社MI Vision

<ファクタリングについてはこちら>
売掛金を現金化できる資金調達法「ファクタリング」のしくみとは?
資金繰りが苦しい…根本的な改善のために経営者がすべきこと
ファクタリングで即日資金調達できる理由とは?コンサルタントが解説

MI Visionのファクタリングご利用者の状況

MI Visionで実際にファクタリングをご利用されている企業は、建設業を筆頭に、卸売業、小売業、飲食業、製造業と多岐にわたります。利用目的は、下請けへの支払いや従業員への給与支払いなどが多い傾向です。利用のきっかけは、「売掛先の倒産でキャッシュフローに穴が空きそう」「下請けへの支払い、従業員への給与支払いが差し迫っている」といったものが多くなっています。

手数料は、案件ごとに債権の債務者である取引先の与信状況、取引期間と安定性などを考慮して決定します。2社間ファクタリング取引では8%~、3社間ファクタリング取引では5%~となっており、平均15%前後です。
MI Visionのファクタリングはご利用に際し、この手数料と一律5万円の事務手数料以外の費用はかかりません。

平均的な調達額は300万円前後

ファクタリングでの資金調達額は企業によってさまざまですが、最も多いのは100万~300万円です。MI Visionの場合、ファクタリングの申込みは原則100万円からとなっており、300万円前後の資金調達は、恒常的に利用されるお客様が多くいます。
中には、500万円や1,000万円といった方もいらっしゃいますが(最高額1億円)、割合はあまり多くありません。

MI Visionのファクタリングご利用者様の声

実際に、MI Visionのファクタリングサービスを利用された、ご利用者様の声をご紹介しましょう。

<機械設備業:A社様>
当社が行っているのは特殊機器のメンテナンス業務で、現場次第で、早急に多くの人員が必要となる場合があります。今回、100名近い人員が必要となり、急遽その交通費や宿泊費の支払いをするために、MI Visionのファクタリングを利用しました。迅速に対応してくださったこと、債権譲渡の登記なしで、第三者に知られることなく資金を調達できたことが本当に助かりました。
元銀行員の担当者の方には、長期的な資金繰りを相談できたのも心強く感じました。今まで、金融機関からはあまり優遇されることがなかったのですが、アドバイスに従って地元の金融機関に相談してみたところ、対等な立場でしっかり取引をすることができました。

一時資金の調達なら、ぜひファクタリングの検討を

日本でも徐々に利用者企業様が増えているファクタリングは、一時的に必要な資金を調達するのに最適な方法です。
資金調達や経営に関するお悩みのご相談にものりますので、お気軽にMI Visionご連絡ください。