お問い合わせ

運転資金とは?経常運転資金の計算方法や運転資金の調達法を解説

事業を継続させていくために、企業にとって運転資金は欠かせないものです。運転資金には、通常営業を行うために必要な経常運転資金のほか、臨時で必要になる増加運転資金など、用途によってさまざまな種類があります。
ここでは、運転資金が必要になるタイミングや、経常運転資金の計算方法についてご紹介します。また、運転資金をどのように工面するのかについても、併せてご紹介します。

運転資金の意味と必要な理由

運転資金の意味と必要な理由

運転資金とは、事業を継続していくために必要な資金のことです。事業所の家賃や人件費、仕入代金、光熱通信費など、事業を行う上で必要になる費用は、すべて運転資金にあたります。

なお、日本の会社同士の取引は、代金の支払いや回収を商品の購入時や販売時ではなく、一定期間経ってから行う掛取引が一般的です。そのため、支払いのタイミングと入金のタイミングが合わない状況になると、資金が不足することがあります。このような場合、入金前に支払いのための運転資金を確保する必要があります。

また、取引先の資金繰りの悪化や倒産といった問題で、予定どおりの入金が行われないケースもあるでしょう。そのような場合でも、資金ショートしないようにするためには、日頃から運転資金を確保しておくことが大切です。

運転資金の種類

運転資金の種類

運転資金は、その用途に応じていくつかの種類に分けることができます。資金管理をしっかりと行うためにも、それぞれについて知っておきましょう。

経常運転資金

経常運転資金とは、通常どおりの経営を継続していくために必要な資金のこと。一般的には、買掛金の支払い(仕入代金)や家賃、人件費などが含まれます。そのため、経常運転資金が不足してしまうと、たとえ帳簿上の数字が黒字であっても、倒産の危機に直面することになります。

経常運転資金は、下記の式で算出することができます。

経常運転資金=売上債権(売掛金+受取手形+棚卸資産)-買入債務(買掛金+支払手形)

増加運転資金

増加運転資金とは、事業の拡大に伴って追加で必要になる資金のことです。大幅な事業拡大を行った場合だけでなく、市場のニーズの高まりなどによって売上が上昇した場合に増大する経費についても、増加運転資金に該当します。

例えば、月平均100個の商品(仕入値5,000円)を販売する企業があり、売上の入金日は2ヵ月後、仕入元への支払日は1ヵ月後とタイムラグがある場合、通常は毎月50万円の運転資金が用意されていれば支払いに困ることはありません。
ところが、取引先から300個の商品を納入してほしいと依頼があった場合はどうでしょうか。この注文を受けると、1ヵ月後に5,000円×300個=150万円と、通常の3倍の支払いが発生します。

もちろん、入金日になれば、通常の3倍の金額が入金されます。しかし、それまでの運転資金が用意できないと、資金がショートして経営が危ぶまれる状況に。このようなケースでは、あらかじめ取引先と支払日の交渉をしたり、つなぎ融資を準備したりといった資金繰りをしておく必要があります。
儲けが出るからといって安易に経営を拡大させると、支払いに困る可能性も出てくるのです。

なお、イレギュラーな大口注文が入った際には、本当に入金が問題なく行われるのかという点にも注意が必要です。上記のような状況で、取引先からの入金がなかった場合、経営上の大きな問題に直面することになります。取引先の与信管理や、万が一の際のリスクヘッジについて検討しておく必要があるでしょう。

減少運転資金

増加運転資金とは反対に、売上が減少した場合に必要になるのが、減少運転資金です。
通常どおりの売上が継続されていれば問題がない会社であっても、何らかの原因で売上が減少してしまうことで、資金難に陥ってしまうことがあります。このような場合には、追加の運転資金として減少運転資金を用意しなければなりません。

資金不足を補うためには、つなぎ融資などを受ける必要があります。その後、売上が回復すれば、その中から少しずつ返済していくことができるでしょう。
減少運転資金に対応するための資金調達は、増加運転資金の調達に比べて難しい場合があります。売上の減少が継続的なものではないことや、回復の見込みがあることを融資先などに説明し、資金調達を目指しましょう。

また、売上減少の原因解明や融資の返済のための事業の見直しのほか、業務効率化についても検討する必要があります。現状に合わせた資金計画を立てて、事業の継続を図っていくことが大切です。

季節性運転資金

季節性運転資金は、毎年決まった時期にだけ増加する運転資金のことです。
クリスマスやバレンタインなど、シーズンごとに需要が高まる事業を行っている会社や、毎年決まった時期にまとめて仕入れを行う会社などは、季節性運転資金をあらかじめ用意しておく必要があります。

また、多くの会社に関連する季節性運転資金には、賞与が挙げられます。賞与を毎年支給している会社では、夏と冬の時期に人件費が高額になるため、資金計画をしっかり立てておくべきでしょう。

スポット運転資金

季節性運転資金が、毎年決まった時期に必要になるものであるのに対して、スポット運転資金は、臨時に必要になる運転資金が該当します。
継続的に行っているわけではないイベントを開催した場合などに必要となる資金が、スポット運転資金にあたります。

赤字補填資金

赤字補填資金は、赤字が続いていて、支払いが困難になった場合に調達が必要な資金です。継続して赤字が続く場合、ある程度資金に余裕がある会社でも、いずれショートしてしまうことになります。このような場合は、急場をしのぐための赤字補填資金を調達するとともに、早急に赤字の解消を目指す必要があります。

事業計画、資金計画ともに見直しを行い、一時的な事業の縮小や借入金の返済計画の見直しなどを進めるといった対策を行わなければ、事業の継続は困難になるといえるでしょう。

設備未払金決済運転資金

設備投資にかかる費用が、一部未払いで残っている場合、その支払いに必要となる資金が、設備未払金決済運転資金です。設備投資から半年以内であれば、未払い分を補填する資金は設備投資用として優遇されますが、何らかの事情で未払いのまま半年以上経過している場合は、設備資金ではなく運転資金の一部とみなされ、融資が受けづらくなることもあります。

設備投資にかかる費用の準備と購入後の資金計画については、事前にしっかり行っておく必要があるでしょう。

運転資金の調達にはファクタリングが便利

運転資金の調達にはファクタリングが便利

運転資金を考える上では、入金されるお金と支出するお金のずれが問題になることが多くあります。このような場合の一時資金の調達に便利なのが、ファクタリングです。ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に売買・譲渡することで、早期に現金化することができる方法です。

売掛金の早期現金化ができれば、つなぎ融資を受ける必要もなくなり、資金繰りを改善させることが可能になるでしょう。

ファクタリングならMI Visionにご相談ください

MI Visionでは、運転資金不足を解消するために有効な、ファクタリングサービスを提供しています。それぞれの会社の状況に合わせた資金計画のご相談にも応じており、資金繰りの正常化を図っていくためのアドバイスもいたします。
一時的な運転資金不足はもちろん、経常運転資金や赤字補填資金の不足に悩まれている経営者の方は、ぜひ一度MI Visionにご相談ください。