お問い合わせ

投資と融資と出資は何が違う?それぞれのメリット・デメリット

企業が資金を調達する方法を考えた際に、投資や融資、出資といった言葉に直面することがあるでしょう。いずれも、第三者からお金を集めるということは共通していますが、投資、融資、出資の3つには、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自社の状況に合った資金調達の方法を選択することが大切です。
今回は、投資と融資と出資の違いのほか、投資・融資を受けるためのポイントや、資金調達が難しい場合の解決策をまとめました。

投資・融資・出資とは?

企業にとって、おもな資金調達方法として挙げられる、投資と融資と出資。それぞれの言葉の違いは、どこにあるのでしょうか。

投資はお金を動かして増やすこと

投資とは、将来の利益のために、事業にお金を投入すること全般を指す言葉です。この観点から考えると、融資や出資も、投資の一部に含まれます。しかし、融資と出資の持つ意味は、それぞれ大きく異なります。

融資は金融機関からの借入れのこと

融資とは、企業が金融機関などから借入れを行って資金を融通することをいいます。
融資には通常、利子が発生するため、融資を行う金融機関側は、利益を得ることができます。しかし、貸し出した相手が返済不能になった場合、貸し倒れになる可能性も出てくるため、融資を行う際には十分な審査が行われます。

上場していない企業や、出資者を見つけられない企業にとって、融資は比較的利用しやすく、現実的な資金調達方法といえるでしょう。
しかし、融資を受ける際には、審査に通過する必要があります。スタートアップの企業や、赤字経営の続く企業の場合は、融資を受けるのが難しい場合もあります。

また、融資の際に、担保となる不動産や保証人を求められることも少なくありません。不動産や保証人のあてがない経営者や、すでに保有不動産を担保に入れてしまっている企業は、新たな融資が受けにくい可能性もあります。
なお、融資はあくまでも会社の借金ですから、いずれ返済しなければいけません。将来にわたって問題なく返済が続けられるかについても、融資を受ける前に検討しておく必要があるでしょう。

出資は事業のための資金提供

出資は、事業が将来大きく成長して、利益還元を受けることを期待して、第三者が資金提供を行うものです。最もポピュラーな出資には、株式の購入があります。発行した株式を投資家などが購入することが、企業への出資となります。

出資をする投資家は、将来的に企業の業績が上がって株価が値上がりすることや、配当金を得ることを目的に株式の購入を行います。
一方、出資を受ける企業側には、返済の必要がない資金を調達できるという大きなメリットがあります。ただし、出資を受けるということは、経営に口を挟まれる可能性があるため、その点には注意が必要です。

例えば、自社の株式の50%を経営者が持っており、残りの50%を出資者である第三者が持っていたとします。この場合、株主総会で過半数の同意を得るためには、必ずこの出資者の同意を得なければなりません。また、企業が利益を上げた場合、配当金など、株主への還元を行う場合もあります。

融資・出資を受けるためのポイント

企業に対して、融資や出資をする側は、将来の利益を見込んで、みずからのお金を提供します。そのため、融資・出資を受ける側の企業は、事業の将来性をアピールする必要があります。
融資・出資を受けるためのポイントをまとめました。

【融資・出資】事業計画書や決算書を用意する

企業が融資・出資を受けるためには、しっかりとした事業計画書や決算書を用意しておくことが大切です。
将来を見据えた経営を行っていることや、将来的に十分な売上を上げる見込みが立っていることを説明するためには、事業計画書が役立ちます。

一方、決算書は、現在の経営状況を可視化するために必要です。融資や出資相手に内容を質問されたときにすぐに答えられるよう、決算書の内容を理解しておきましょう。会計士任せにしている経営者は、自分自身も決算書から経営状況を把握しておくことが大切です。

【融資】審査の難度が低い金融機関を選ぶ

融資が受けられる金融機関には、都市銀行、地方銀行、信用金庫などがあります。また、日本政策金融公庫のような公的機関でも融資を受けることができます。
これらの機関は、それぞれ融資の内容や審査の難度が異なります。例えば、都市銀行は高額な融資にも対応できる反面、審査は比較的きびしくなっています。

スタートアップの企業や、担保となる不動産がなく、保証人を立てるのも難しい企業は、日本政策金融公庫や、地元の信用金庫などで相談してみると、比較的融資が受けられる可能性は高くなるでしょう。

【出資】エンジェル投資家を探す

エンジェル投資家とは、ベンチャー企業などに個人として出資を行う投資家のことです。株式上場をしていない企業でも、エンジェル投資家と出会うことができれば、出資が受けられる可能性があります。

とはいえ、自社に出資してくれるエンジェル投資家と出会うのは、簡単なことではありません。数多くの企業の中からエンジェル投資家に選んでもらうためには、3つのステップをクリアする必要があります。

<出資までのステップ>

  1. エンジェル投資家と出会う
  2. エンジェル投資家にアピールする機会を得る
  3. 出資を決めてもらう

投資家と出会う方法には、イベント参加や人脈づくり、投資を行っている個人への積極的な働きかけなどが挙げられます。事業のアピールをしっかり行うことができ、投資家のお眼鏡にかなえば、晴れて出資を受けられることもあるでしょう。

うまく投資家とマッチングすることができれば、返済の必要がない事業資金を調達することも夢ではありません。とはいえ、いつ出会えるかわからないエンジェル投資家を探しているあいだに、事業の好機を逃すようでは意味がありません。豊富な人脈や、投資をしてくれそうな出資者の心当たりがない経営者にとっては、確実性が低く、ハードルの高い方法だといえるでしょう。

ツテもなく経営も不安定で、審査に通るのが難しいときは?

融資や出資を受けることで、事業資金を調達することができます。しかし、誰もが融資や出資をスムーズに受けられるわけではありません。経営が不安定で、融資の審査に通らない、担保がない、出資家につながる人脈を持っていないという経営者も数多くいるでしょう。

このような状況の経営者が資金調達をするには、審査の緩いノンバンク系の融資や、親族などからの借入れなどがありますが、利子が高い、人間関係が悪くなる可能性があるといった問題をはらんでいます。

そこでおすすめなのが、ファクタリングです。売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、スピーディーに現金化できるファクタリングは、融資とも出資とも異なる資金調達方法です。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは出資とは異なり、投資家との出会いを待つ必要はありませんし、株主のように経営に口出しをされることもありません。また、融資ではないため、担保・返済も不要です。

ファクタリングは融資や出資のように、審査などに時間がかかることもありません。ファクタリング会社やファクタリングの方法などによっても異なりますが、最短即日、平均2日程度で資金調達が可能です。

なお、ファクタリングの審査は、取引先の信用を重視して行われます。自社の経営が不安定であったり、起業後、間もない企業であったりしても利用できる可能性が高いため、まずは相談してみることをおすすめします。

投資以外の資金調達方法を知っておこう

資金調達の方法は、融資や出資だけではありません。投資家や金融機関からの資金調達が難しいときでも、ファクタリングを活用することで、スピーディーに資金を調達することが可能です。

MI Visionでは、取引先に知られることなく売掛債権を現金化できるファクタリングサービスを行っております。融資や出資を断られてしまった方や、条件が合わず資金調達にお困りの方は、お気軽にご相談ください。