お問い合わせ

事業計画書とは?スムーズな資金調達を目指すための5つのポイント

金融機関などへ融資の申込みをする際は、事業計画書の提出を求められることが多くあります。融資担当者が事業計画書のどこをチェックしているのかを理解すれば、相手にアピールしやすい事業計画書を作れるでしょう。さらに、事業計画書をしっかり作っておくことは、経営を続けていく上でも役立ちます。ここでは、事業計画書を作るときに意識しておきたい5つのポイントについてまとめました。

事業計画書とは企業の未来予想図のこと

事業計画書は、事業を運営していく上での企画書や進行表のような書類です。事業計画書がなくても起業することはできますし、決算書のように作成が義務付けられているものでもありません。しかし一般的に、事業を興すのであれば、創業前に事業計画書を作ることが多いでしょう。

事業計画書を作る目的は、主に「他者に事業の魅力を伝えること」と「自分自身が事業を経営していく上での指針とするため」という、2つに分けられます。

他社に事業の概要や魅力を伝える

事業計画書の作成は、法律上の義務ではなく、決まったテンプレートもありません。しかし、企業が融資や出資を受ける際には、多くの場合、事業計画書の提出が求められます。
事業計画書には、会社名や代表者名、住所、創業日、業種といった基本的な情報だけでなく、具体的に、どんな事業を、いつ、誰に向けて、どのように展開していくのかを記載します。融資担当者はこれを見て、企業に将来性があるかどうか、実現可能なプランかどうかを判断するのです。

また、売上予測や必要な資金の額とその調達方法など、資金面についての説明も大切です。
銀行の融資担当者が本当に知りたいのは、商品やサービスの具体的な仕様や魅力ではなく、融資したお金を継続的に返済していくことができるかどうかについてでしょう。そのため、現実的な売上予測とコスト予測が立てられているか、返済に回す資金的な余裕があるかといった点がチェックされます。一方、銀行から融資を受けるのではなく、投資会社からの出資を希望している場合は、事業の継続性や安定性だけでなく、将来性や成長性も重視されます。出資者に「これはおもしろい!」「このプランは将来化ける」と思わせるためには、革新性やオリジナリティ、ユニークさなども大切です。

このように、他者に対して事業計画書を提出する際は、同じ事業について記す場合でも、魅せ方やより強くアピールすべきポイントが変わってくることがあります。
事業計画自体がぶれることがあってはいけませんが、どの部分に重きを置くかについては、受け取る側が何を重視するのかに合わせて作り変えましょう。

事業を経営していくための指針とする

事業計画書には、なぜこの事業を行うのかという、経営上のミッションについても明記します。これは、事業のコンセプトとなるもので、経営を行う中で繰り返し立ち返るべき指針です。
また、事業計画書の売上予測や事業拡大計画が予定どおりに進んでいるかどうかについても、随時チェックが必要です。予定どおりに進んでいない場合は、何が原因となっているのか、計画書と実際の状況を比較してみましょう。その上で、経営の在り方を見直したり、計画自体を再度練り直したりします。

事業計画書は、「1年後には年商◯◯円を実現したい」「販路を◯◯まで広げたい」といった希望を実現するためのロードマップとなるものです。最初に具体的なプランを立てて事業計画を立てておけば、たとえそのとおりにいかなかった場合でも、どこに問題があるのかを把握しやすくなるでしょう。

成功につながる事業計画書を書くためのポイント

成功につながる事業計画書を書くためのポイント
事業計画書は、事業の安定的な継続や拡大のために企業が作成する書類ですが、希望的観測や夢をベースにするものではありません。経営者として現実的な目線で自社の事業を分析し、希望を実現するためにはどうすればいいのかを策定するものです。

事業計画書を作る際、具体的に意識すべきポイントを5つご紹介します。融資の審査に通るためにも、自社の将来のためにも、しっかり内容を練った事業計画書を作りましょう。

①収支予測の根拠が明示されている

事業計画書には、売上予測やかかる経費の予測などを記載しますが、これには根拠が必要です。
例えば、喫茶店の売上予測について、「だいたい1日10万円くらいは稼げるだろう。1ヵ月あたり300万円にしよう」という予想には、根拠があるとはいえません。テーブルが何席あって、何割稼働して、メニューから算出される客単価の平均がいくらなのかという具体的なデータをもとに、売上の予測を立てることが大切です。

この予測の根拠は、事業計画書にも必ず明記します。融資担当者は、それを見て妥当な予測かどうかを判断することになります。そのため、あまり楽観的な予測を立てると、事業計画が甘いと思われてしまうおそれがあります。

同様に、コストについても、家賃、人件費、光熱費、材料費などの費目別にいくらかかるのか、具体的な根拠をもとに計算します。税理士の顧問契約料や保険料、税金、消耗品費など、支払いが必要なお金は多岐にわたります。コストの計上漏れがあると、実態とずれのある予測になってしまうので注意しましょう。

②事業にニーズが反映されている

事業を継続・成長させていくためには、顧客のニーズを把握し、それに合致した商品やサービスを、適切なやり方で売り込む必要があります。

事業計画書には、「自社製品が刺さるターゲット層がどこなのか」「該当のターゲット層に売り込む効果的な方法は何なのか」「そのニーズは継続的に得られるものなのか」といった点について記載する必要があります。

③他人が理解しやすい書き方になっている

事業計画書は、融資などを受ける際に必要な種類です。そのため、他人が理解しやすい形に作られているかどうか、客観的な評価をすることも大切です。

そもそも、事業計画が他人にわかりづらいようでは、自社のコンセプトや商品の魅力もうまく伝えられない可能性が高いでしょう。人の目を意識し、伝えたいことを正しく伝えられる書き方を意識しましょう。

事業計画書を作ったら、身近な家族や友人、知人などに読んでもらい、わかりにくいところや理解できない言葉などがないかヒアリングするのも手です。専門用語や、業界で慣例的に使っている言い回しなどを避け、箇条書きや図なども取り入れながら、わかりやすい内容にまとめるのがおすすめです。

④熱意が感じられる

事業計画書は、夢を書くものではありません。しかし、事業を大きく羽ばたかせるためには、「これをユーザーに届けたい!」という熱意が必須です。トラブルが起こったり、計画どおりにいかなかったりしたとき、前向きに次の策を練り、より良い方向に持っていくことができるのは、熱意があり、事業に対する深い信念を持つ経営者かもしれません。

事業計画書を書くときも、求められたから形式的に書くという姿勢では、それが透けて見えてしまいます。自社の事業の魅力を広く知ってもらうための書類ですから、未来の自社の姿を想像しながら作りましょう。

⑤事業を成功に導くしくみについて説得力がある

融資担当者や出資者が事業計画書を見る際には、その事業に将来性があるかどうかをチェックします。そのため、今後この企業には成長が見込めるという理由を、しっかりと説明しておきましょう。
「今後、◯◯◯という理由により市場の拡大が見込まれる」「すでに△△△という実績があり、ファンからの口コミが期待できる」「✕✕✕で得た知見を活かすことで効果的なアプローチができる」など、自社の事業を継続していけると考えられる理由が何かを明記します。

経営者は、必ず何かしらの「成功する理由」を感じているはずです。それを他者が見てわかる形にまとめまることで、より説得力が増すでしょう。

事業計画書には情熱とリアリティが大切

「融資がしたい」と思わせる事業計画書を作るためには、根拠にもとづいた試算や事業戦略が必須です。それに加えて、未来を感じさせるアイディアや熱意が伝えられれば、融資を受けられる可能性は高まるでしょう。必要に迫られて場当たり的に作るのではなく、十分に内容を練って作り上げることが大切です。

とはいえ、「今すぐお金が必要だが、事業計画書を作り直す時間が取れない」ということもあるかもしれません。そのような場合は、MI Visionにご相談ください。

創業直後や赤字決算でも、ファクタリングならスピーディーに資金調達が可能です。目先の問題をクリアにした上で、あらためて長期的な資金計画と事業計画について、いっしょに考えていきましょう。