お問い合わせ

営業キャッシュフローからわかることとは?経営状態を分析しよう

事業を長く継続・発展させていくためには、さまざまな観点から自社の経営を分析し、より良い状態を目指していかなければいけません。そのために役立つ指針のひとつに、キャッシュフロー計算書があります。中でも、営業キャッシュフローとはどのようなもので、どうやって経営に活用していくべきなのかを解説します。

キャッシュフローとは?

キャッシュフローというのは、言葉のとおり「お金の流れ」を指す言葉です。会社のキャッシュフローが滞ると、たとえ黒字であっても倒産の危機に陥るリスクがあるため、常に意識して経営を行う必要があるでしょう。

会社のキャッシュフローを知るために役立つ書類が、「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」の財務三表です。そのうちのひとつでもあるキャッシュフロー計算書は、上場企業以外の作成は義務ではありません。しかし、会社の財政状態や、経営成績の全体像を把握するために役立ちます。

キャッシュフロー計算書を見ることで、期中のキャッシュの増減がどれだけあったのかとその理由のほか、会計期間中の最初である期首のキャッシュの残高と、最後の期末のキャッシュの残高を知ることができます。

営業キャッシュフローとは?

キャッシュフロー計算書には3つの区分があり、区分ごとにキャッシュの増減を見られるようになっています。営業キャッシュフローというのはそのうちのひとつで、会社の本業による収入と支出を示すものです。

キャッシュフロー計算書には、ほかに投資キャッシュフローと財務キャッシュフローがあります。その中でも営業キャッシュフローは、「本業の仕事でキャッシュを増やせているかどうか」を知ることができる大切な指針となるものです。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

営業キャッシュフローの種類

営業キャッシュフローの種類

キャッシュフロー計算書は、直接法と間接法の2種類の方法で記載することができます。これは、好みで選ぶことができますが、実際には作成に手間がかからないことから、間接法が使われることが多くなっています。

直接法

直接法は、営業活動に関する現金の動きを具体的な項目ごとに集計して記入する方法です。直接法で作られた営業キャッシュフローには、「商品の販売収入」「仕入代金」「給料支払い」といった項目が並ぶことになります。直接法には、具体的な支出内容がわかりやすいというメリットがあります。

間接法

間接法は、「税引前当期純利益」から、現金の動きを計算することで最終的な営業キャッシュフローを算出する方法です。「売掛金の増減」「買掛金の増減」といった項目が用いられます。間接法には、損益計算書をもとに、簡単に作れるというメリットがあります。

営業キャッシュフローを見るときのポイント

営業キャッシュフローは、ただ作るだけでは意味がありません。チェックポイントを理解して、経営改善に役立てることが重要です。営業キャッシュフローを見るときのポイントは下記のとおりです。

営業キャッシュフローの増減

営業キャッシュフローは、本業の営業活動の現金収支を示すものです。そのため、プラスであることが良いというのはいうまでもありません。営業キャッシュフローがマイナスであるということは、本業の現金収支がプラスになっていないということです。企業が成長する過程で支出が先行している状態以外では、いずれ経営に行き詰まってしまう可能性も考えられます。原因を探り、改善していく必要があるでしょう。

営業キャッシュフローと営業利益を比較する

営業キャッシュフローと損益計算書の営業利益は、一致していなくても問題ありません。しかし、両者を比較した際に、営業利益が大きく上回っている状態は好ましくありません。

これは、売上が上がっているのに、手元にお金がない状態を指しているからです。売掛金と買掛金の支払サイトのずれがキャッシュフローを圧迫している可能性が高いといえるでしょう。入金サイクルが長すぎる契約になっていないか、確認する必要があります。

営業キャッシュフローの推移をチェックする

営業キャッシュフローのプラスが大きければ、それだけ現金に余裕があるということになります。しかし、プラスが少なかったりマイナスであったりしても、「大量受注の予定があり、仕入を増やした」「積極的に広告を打った」といった理由がある場合は、将来の大きな売上につながる可能性があるでしょう。

たとえ一時的に減少していたとしても、推移を確認して、支出がキャッシュの増加につながっているようであれば特に問題はありません。一方、マイナスが続いたり、推移が右肩下がりであったりする場合は、改善策の検討が必要でしょう。

3つのキャッシュフローのバランスをチェックしよう

3つのキャッシュフローのバランスをチェックしよう

営業キャッシュフローをチェックするときは、単体ではなく、投資キャッシュフローや財務キャッシュフローとのバランスをチェックするようにします。

営業キャッシュフローがプラスで、ほかのキャッシュフローがマイナスの場合は、営業で稼いだお金を投資や借入金返済に活用しているということになりますから、上手なキャッシュの回し方ができている優良企業といえるでしょう。反対に、営業キャッシュフローだけがマイナスの場合は、本業のマイナスをそれ以外のキャッシュでカバーしていることになりますから、将来的にキャッシュが回らなくなる危険性が高い状態です。

なお、すべてがマイナスの場合は、過去に蓄積した資金を取り崩している状態であると考えられます。一時的であれば問題ありませんが、長期的に続くと破綻につながる可能性があります。

 
その請求書を最短5時間で資金化

キャッシュフローのマイナスが続いた場合の対処法

営業キャッシュフローのマイナスが続いた場合は、本業で現金が確保できていないということになりますから、それだけ倒産リスクが高まってしまいます。営業キャッシュフローがマイナスだったり、推移が減少傾向にあったりするときは、下記のような対処法を用いて、キャッシュフローの改善を目指していく必要があるでしょう。

入金、支払サイトの見直し

売上の入金サイトが月末締め翌々月末払いであるのに対し、仕入の支払サイトが月末締め翌月末払いでは、お金が入る前に支払いのための現金を用意する必要が出てきます。このような状態は、キャッシュフローの悪化を招きます。入金、支払サイトは、自社の一存で決められるものではありませんが、問題のあるスケジュールになっている場合は調整が必要です。

在庫量の見直し

例えば、材料を仕入れて商品を製造・販売する会社の場合、商品在庫が前期よりも増えていれば、商品が売れた(=キャッシュが入った)量よりも、商品を仕入れた(=キャッシュが出ていった)量のほうが多いということになります。ある程度の商品在庫を持つことは商売を行う上でも必要なことですが、過度な仕入れはキャッシュの減少につながります。

経費の見直し

広告費や人件費が増加しても、その分が収益につながっているのであれば問題ありません。しかし、収益につながらない経費が多い場合は、見直しが必要です。

融資を受ける

手元のキャッシュを増やすという意味では、融資の活用も効果的です。入金・支払サイトに問題がある場合も、そのタイミングのずれをカバーできる手元資金があれば対応していけるでしょう。ただし、融資を受けた場合はその後、継続的に返済による支出が発生し続ける点に留意する必要があります。

短期的なキャッシュの確保ならファクタリングが有効

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に売買・譲渡して早期現金化する資金調達方法です。「売上は上がっているが、入金タイミングが遅い」という理由で、一時的にキャッシュ不足に陥ってしまった場合は、ファクタリングで売掛債権の早期現金化を行うのが効果的です。

ただし、ファクタリングは短期的な資金調達には適しているものの、継続して利用し続けていると、常に利用しなければ現金が回らなくなってしまうという負のループに陥る可能性もあるため、計画的に利用することが大切です。

営業キャッシュフローを資金繰りの改善に役立てよう

キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローを見ることで、会社の資金繰りに関する問題点が見えてきます。本業の収支を伸ばせているかどうか、推移や内訳を分析しましょう。キャッシュ不足に陥りがちな場合は、根本原因を探って解決を目指していくとともに、いざというときのための資金調達方法についても考えておくことをおすすめします。