お問い合わせ

約束手形を受け取ったらどうする?小切手との違いや仕訳方法を解説

企業間の取引において、取引先からの支払いは、おもに「現金(振込や小切手を含む)」か「手形」のどちらかで行われることが一般的です。しかし、近年は手形を利用する会社が減っていることから、「取引先から手形で取引をしたいと依頼があったが、よくわからない」という方もいるかもしれません。
ここでは、約束手形の特徴と小切手との違いのほか、仕訳方法について解説します。

約束手形とは?

金融機関を通して発行される手形には、「約束手形」と「為替手形」の2種類があります。一般的な企業間取引の支払いには、ほとんどの場合、約束手形を利用します。

約束手形とは、「所定の期日に、約束手形を発行した人が、受け取った人に対して、券面に記載された金額を支払う」という、約束の証となる有価証券です。そのため、約束手形には、「受け取れる金額」「受け取れる期日」「約束手形を発行した人(振出人)」「お金を受け取る人(受取人)」「お金を受け取れる場所(金融機関)」などが明記されています。
ただし、金融機関に直接出向く必要はなく、多くの場合、受取人の取引銀行を通してお金のやりとりが行われます。

約束手形とそのほかの支払方法との違い

約束手形とそのほかの支払方法との違い

企業間取引における支払いには、約束手形のほかに小切手やでんさいといった方法があります。それぞれの特徴を簡単にまとめました。

小切手

小切手は、取引による金額の支払いを約束する有価証券です。当座預金に残高がなければ、振り出すことができません。ここが約束手形との大きな違いです。
また、約束手形の場合は、支払期日を待って現金化することができます。しかし、小切手の場合は、そのまま自社が取引をしている銀行に持ち込むことで現金を受け取ることができ、そのまま口座に預け入れることも可能です。なお、支払地として指定された窓口以外の金融機関に持ち込んだ場合は、取り立て手数料がかかります。

でんさい

でんさいとは、「電子記録債権」のことです。債権を「でんさいネット」という専用のサイトに記録することで、手形のような振り出し作業といった手間がかからず、ペーパーレスで取引を行うことができます。また、約束手形と同様に、「◯日後の決済」という登録を事前にしておいて、期日が到達すると入金されるという手続きも可能です。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

約束手形で支払いを受けるときに知っておきたいポイント

約束手形で支払いをする際には、あらかじめ受取人に対して了承を得る必要があります。では、「手形で支払いたい」と取引先から希望された場合、どうすればいいのでしょうか。手形で支払いを受ける際に知っておきたいポイントをご紹介します。

約束手形は現金化するまでに時間がかかる

「月末締め翌月末払い」という掛取引をした場合、振込などで支払われるお金は、商品の納入の翌月末に入金されます。しかし、約束手形で支払われる場合は、そこから現金化までに、さらに数ヵ月程度待つ必要があります。そのため、約束手形での支払いを求められた場合は、必ず支払サイトを確認しましょう。

例えば、月末締め翌月末払いで取引が行われ、「支払サイトが60日の約束手形で支払う」という場合は、商品の納入の翌月末に約束手形が振り出され、そこからさらに2ヵ月経過後に現金化できるということになります。その間の資金繰りに問題が起こらないかどうかを、事前に確認することをおすすめします。

約束手形は不渡りになるリスクがある

約束手形での取引は、手形を振り出してから実際に入金されるまでの期間が長いことが多いため、その間に取引先が倒産してしまうリスクが高いという問題点があります。

約束手形の支払期日が来る前に取引先が倒産した場合、約束手形は「不渡り」となるため、額面どおりの支払いが受けられない可能性が高いでしょう。割引や裏書を利用した場合でも、金融機関や裏書譲渡した取引先から支払いを求められるリスクがあります。

約束手形は割引が可能

手形の割引とは、約束手形を担保に融資を受ける方法です。現金化までに時間がかかるというデメリットのある約束手形ですが、手形の割引を利用することで、早期に現金化することが可能です。支払期日までの資金繰りに不安がある場合は、手形の割引の利用を検討してみましょう。
なお、手形の割引は、銀行のほか、手形の割引の専門業者で行うこともできます。しかし、銀行のほうが手数料は低い傾向があるため、特別な理由がなければ銀行を利用するのがおすすめです。

約束手形は裏書譲渡が可能

約束手形の裏面に必要事項を記載することで、受け取った手形を別の取引先への支払いに利用することができます。これが「裏書譲渡」です。回し手形や裏書手形ともいわれています。

手形割引を利用する場合は、割引手数料(融資の金利に相当するもの)が差し引かれることになりますが、裏書譲渡であれば手数料はかかりません。額面どおりの金額として利用することができます。
ただし、裏書した約束手形で支払いをしたい場合は、支払いをする取引先に対して、裏書手形を利用してもいいか、事前に確認をとる必要があります。

約束手形は売掛金に比べて流動性が高い

約束手形は、入金までに時間がかかる反面、売掛金よりも流動性が高いというメリットがあります。
例えば、取引先から「4月末に支払い予定の売掛金について、6月末まで待ってほしい」との依頼があった場合、6月30日に振込で支払いをしてもらうのではなく、4月30日時点で60日サイトの約束手形を振り出してもらうという方法があります。これは、手形の割引による早期現金化や裏書譲渡などができるため、資金繰りに役立てることができるからです。

約束手形で支払いを受けたときの仕訳方法

約束手形で支払いを受けたときの仕訳方法

約束手形は、手形を受け取るタイミングと実際にお金が入金されるタイミングにずれがあります。そのため、約束手形で支払いを受けたときは、受取時と決済時の2度記帳を行います。
また、割引や裏書譲渡をした場合は、それぞれに応じた仕訳が必要です。それぞれケース別に、約束手形の仕訳方法をまとめました。

受取時の仕訳方法

まず、取引先から約束手形を受け取ったときの仕訳方法です。約束手形で1万円の支払いを受ける場合は、下記のように記帳します。

借方 貸方
受取手形 10,000円 売上 10,000円

決済時の仕訳方法

次に、決済時の仕訳方法です。受け取った約束手形の支払い期日が到達して、代金1万円が口座に入金されたときは、下記のように記帳します。

借方 貸方
当座預金 10,000円 受取手形 10,000円

割引時の仕訳方法

約束手形で支払われた売上は、期日が到達する前に、割引という制度を使って現金化することができます。なお、現金と手形売却損の合計額は、必ず受取手形の金額になります。
例えば、1万円の約束手形を割引して9,500円を受け取った場合の仕訳は、下記のとおりです。

借方 貸方
当座預金 9,500円 受取手形 10,000円
手形売却損 500円

裏書譲渡時の仕訳方法

約束手形に裏書をして別の取引先への支払いにあてた場合は、「約束手形を受け取ったとき」「裏書をして支払いに使用したとき」「支払期日が到達したとき」の3度記帳をする必要があります。

約束手形を受け取ったときの仕訳は前述同様、下記のとおりです。

借方 貸方
受取手形 10,000円 売上 10,000円

その後、裏書をして支払いに使用した時点で、下記のように仕訳を行います。

借方 貸方
買掛金 10,000円 裏書手形 10,000円

そして、支払期日の到達時に、再度下記のように仕訳をします。

借方 貸方
裏書手形 10,000円 受取手形 10,000円

これによって、取引先から支払われた受取手形を、裏書手形として買掛金の支払いに使ったという、一連の取引の仕訳が完了します。

 
その請求書を最短5時間で資金化

約束手形の特徴を理解して活用しよう

約束手形には、支払いまでに時間がかかるというデメリットがあるものの、割引や裏書譲渡で資金繰りに活用できるというメリットもあります。
約束手形の取引を持ち掛けられた際には、メリットとデメリットの両方を理解した上で検討しましょう。