お問い合わせ

ファイナンスとは?経営者なら知っておきたい用語の基本を解説

「ファイナンス」という言葉を見たことや、耳にしたことがある人は多いでしょう。しかし、あらためて意味を聞かれると、答えに詰まってしまうという人も少なくありません。
ファイナンスは、企業経営と密接なかかわりを持つものです。ファイナンスの意味を理解した上で経営を行うことで、長期的な安定を図ることにもつながります。ここでは、ファイナンスの概要と考え方のほか、資金調達方法の種類について解説します。

ファイナンスとは?

ファイナンスは、直訳すると「資金」や「金融」といった意味になります。金融とは「資金を融通すること」で、ビジネスシーンにおいても、企業の資金調達の意味で「ファイナンス」という言葉が使われることがあります。

企業にとっての資金調達は、その後の事業に活かすために行われるものです。調達した資金を事業に投資し、売上を伸ばし、新規事業を起こしたり、株主に再配分したりすることで、企業は成長していきます。このような、資金面から見た経営管理の手法や、そのための考え方をまとめて「ファイナンス」と表します。

また、企業は保有する預貯金額や商品在庫だけでなく、知見や実績、販路などを含めた一定の「価値」を持っています。ファイナンスの目的は、この価値を最大化することです。
例えば、広告戦略のためにお金を使うと、企業の資金は減りますが、その分、販路は広がります。将来的に使ったお金以上の価値を生み出すことができれば、企業の価値がアップする――これが、ファイナンスの考え方といえるでしょう。

ファイナンスと会計の違い

企業のお金の管理に関する言葉には、ファイナンス以外にも「会計」があります。しかし、ファイナンスと会計は、そもそもの管理の目的や対象が異なります。

ファイナンスの考え方

ファイナンスは、将来的な企業の価値を最大化することを目的として現金の管理を行います。
そのため、目先の資金調達だけでなく、資金調達をした後の資金の流れや、それによって生まれる新たな利益、さらには、次の資金調達のための施策といったところまでがファイナンスに該当します。
企業の持つ資金が将来どのように推移するのかを管理し、キャッシュフローを作成するのがファイナンスだといえるでしょう。

会計の考え方

会計は、ファイナンスと同様に、企業の現金についての管理を行うものです。しかし、ファイナンスが企業の未来のお金に主眼を置いた管理を行うのに対し、会計は過去の現金の流れの管理を行うものです。
会計を行うことで、一定期間の売上高や、それに対してかかる経費、最終的な利益などがわかります。このように、企業の現在と過去の資金状態を把握することが、会計の目的なのです。企業は自社の経営状況を知ることができ、外部の関係者などに対しては、経営状況を正確に開示することができるようになります。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

ビジネスにおけるおもな資金調達方法

ビジネスにおけるおもな資金調達方法には、「デット・ファイナンス」と「エクイティ・ファイナンス」があります。それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

デット・ファイナンス

デット・ファイナンスは、融資や債券の発行による資金調達方法です。デット・ファイナンスの「デット」はdebt(負債)からきており、デット・ファイナンスによって調達した資金は、バランスシートの「負債」の部に入ります。
デット・ファイナンスは、「将来返済しなければいけない」「利息がかかる」という特徴を持っているため、利用する際には、将来の返済負担についても検討しておく必要があるでしょう。

デット・ファイナンスについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
デット・ファイナンスによる資金調達方法の種類とメリット

エクイティ・ファイナンス

エクイティ・ファイナンスは、負債ではなく、株主資本(エクイティ)が増加する形の資金調達方法です。具体的には、株式の発行や転換社債型新株予約権付社債の発行などが挙げられます。エクイティ・ファイナンスによって調達した資金は、バランスシートの「資本」の部に入ります。
エクイティ・ファイナンスは、返済する必要がない資金を調達する方法です。しかし、1株あたりの価値が下落する原因となるため、株主からは賛同を得られない可能性もあります。エクイティ・ファイナンスを行う場合は、株主に対して説明責任を果たす必要があるでしょう。

エクイティ・ファイナンスについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
エクイティ・ファイナンスによる資金調達方法の種類と活用時の注意点

ファイナンスを意識した経営のメリット

ファイナンスを意識した経営を行うことで、将来を見据えた事業展開がしやすくなります。
ファイナンスでは、どの事業にいくら投資することで、いくらのリターンを得られるのかを考えます。そのため、将来の成長が見込めない事業を廃止したり、大きな成長を見込める事業に効率良く投資したりといった判断をする際に役立てられるでしょう。

また、資金調達に関しても、将来的に最も企業の価値を高め、リスクを回避できる方法を選択できるようになります。場当たり的な資金調達を繰り返していると破綻するリスクが高まりますので、ファイナンスを意識した資金調達方法を選択するのがおすすめです。

このような考え方は、企業の将来を考える上でも役立ちます。事業承継や企業・事業の合併・買収といったM&Aを行うにあたっては、企業の価値がどのくらいあるのかが重要なポイントです。日頃からファイナンスを意識しておくことで、価値を最大化するための経営方針がとれるようになり、現在の自社の価値についても把握しやすくなります。

 
その請求書を最短5時間で資金化

企業の将来を見据えた資金管理を行おう

経営者の多くは、「自社を長く存続させたい」「会社を大きくしていきたい」という希望を持っていることでしょう。ファイナンスの考え方は、こうした希望を実現するために役立ちます。
自社の将来が見えないまま経営を続けるのは、実務的にも精神的にも大きな困難を伴います。ファイナンスを意識した経営を行い、将来のリスクの低減と自社の価値の最大化を図りましょう。