お問い合わせ

財務キャッシュフローはマイナスとプラスどちらがいい?見方を解説

会社のキャッシュの増減を表すキャッシュフローは、その動きをわかりやすくするために、大きく3つに区分することができます。中でも、借入れや増資などで資金調達を行っている会社にとっては、「財務キャッシュフロー」を意識する必要があるでしょう。
ここでは、財務活動を表す財務キャッシュフローの概要と読み解き方のポイントのほか、キャッシュフローに影響しない資金調達方法について解説します。

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは、その名のとおりキャッシュ(現金)の流れを意味します。そして、キャッシュフローを計算するための財務諸表がキャッシュフロー計算書です。

会社の資金状況は、損益計算書や貸借対照表などでもチェックすることができますが、これらに記載される数字は売上ベースで、現金ベースではありません。あくまでもキャッシュに主眼を置いて会社の経営状況を確認できるのが、キャッシュフロー計算書の強みです。

資金繰り表とキャッシュフロー計算書の違いについて、詳しくは下記をご覧ください。
資金繰り表とキャッシュフロー計算書の違いと活用法を紹介

キャッシュフローの3つの区分

キャッシュフローの3つの区分

キャッシュフローは、「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」の3つに区分することができます。それぞれを分けて考えることで、会社の経営状況をつかみやすくなります。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローは、会社が利益を得るための営業活動による資金の流れを示すものです。売上や仕入れのほか、広告宣伝費や人件費、税金なども営業キャッシュフローに該当します。
営業キャッシュフローは、本業による収益がどの程度出ているかを示すものですから、会計上はプラスであることが望ましいといえるでしょう。

営業キャッシュフローについて、詳しくは下記をご覧ください。
営業キャッシュフローからわかることとは?経営状態を分析しよう

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローは、不動産の売買や有価証券の売買といった、投資活動に関するキャッシュフローです。例えば、新しい工場を造るために土地を購入した場合は、投資キャッシュフローにマイナスが計上されます。反対に、自社ビルを売却して現金を得た場合はプラスとなります。
投資キャッシュフローがマイナスの場合、「事業の成長のために積極的に投資をしている」と考えることができます。反対にプラスの場合は、「企業成長のための投資をしていない」といえるでしょう。

財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローは、営業活動や投資活動を維持するために、不足した資金をどのように調達し、返済したのかといったキャッシュの動きを表します。この財務キャッシュフローについては、次の段落で詳しく解説しましょう。

財務キャッシュフローの内訳

財務キャッシュフローの内訳は、おもに「借入金の増加・返済」「社債の発行、償還」「株式の発行」「配当金の支払い」の4つがあります。

■財務キャッシュフローのおもな内訳

財務キャッシュフローのおもな内訳

キャッシュフローでは、手元のキャッシュが増えたか減ったかによって増減が決まります。つまり、「借入金の増加」「社債の発行」「株式の発行」は財務キャッシュフロー上のプラス、「借入金の返済」「社債の償還」「配当金の支払い」はマイナスで表されるのです。

なお、借入金に関しては、「借入金の増加」「借入金の返済」ではなく、短期借入金と長期借入金に分けて計算することがあります。具体的な項目は会社によりますが、「短期借入金の増減」「長期借入金」「長期借入金の返済」といった分け方をすると、それぞれの状況もわかりやすくなるでしょう。
短期借入金を「増減」と1つにまとめているのは、借入れと返済を頻繁に行っている会社の場合、合計を記載するよりも増減を記載したほうが状況を把握しやすいためです。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

財務キャッシュフローのプラス・マイナスからわかること

財務キャッシュフローの各項目から、営業活動や投資活動以外のお金の増減状況がわかります。それでは、財務キャッシュフローの合計からは、何がわかるのでしょうか。

財務キャッシュフローは、営業キャッシュフローや投資キャッシュフローのように「プラス(マイナス)のほうが好ましい」と一概にいうことができません。ほかの項目とのバランスや、キャッシュの状態と比較してどうなのかを考える必要があります。
財務キャッシュフローがプラスの場合とマイナスの場合それぞれについて、考え方を知っておきましょう。

財務キャッシュフローがプラスの場合

財務キャッシュフローがプラスであるということは、「資金調達を積極的に行っている」ということです。

<例1>
財務キャッシュフローがプラスで、営業キャッシュフローもプラス、投資キャッシュフローがマイナスという場合は、企業が成長局面にあり、設備投資のための資金調達を積極的に行っていると考えられます。財務キャッシュフローがプラスでも借入金が多いのであれば、経営状態をあまり心配する必要はないでしょう。また、新規借入れが多いということは、それだけ将来性を金融機関に評価されているということにもなります。
<例2>
財務キャッシュフローがプラスで、営業キャッシュフローがマイナス、投資キャッシュフローがプラスという場合は、本業で利益が出ておらず、その分を埋めるために不動産の売却や借入れによって資金調達を行っている可能性が考えられます。
「今後は大幅な利益が見込める」といった事情がある場合は別ですが、そうでないのであれば早急に改善策を練る必要があるでしょう。

財務キャッシュフローがマイナスの場合

財務キャッシュフローがマイナスということは、資金調達よりも返済や配当金の支払いを多く行っているということです。借入金の返済が進むというのは、経営の観点から見れば好評価のように思えます。しかし、この場合も経営状態が良いといえるかどうかは、それぞれの会社の状況によって異なります。

<例1>
財務キャッシュフローがマイナスで、営業キャッシュフローがプラスというのは、業績が良くキャッシュが潤沢にあり、新たな借入れを行う必要がなく、着々と返済を進めているという会社の場合に考えられるケースです。経営状況には何の問題もないといえるでしょう。
<例2>
財務キャッシュフローがマイナスで、営業キャッシュフローもマイナスが続いていて業績が悪い会社の場合、希望どおりの資金調達ができていない可能性があります。
業績が悪いにもかかわらず、金融機関から融資を断られてしまうと手元資金が足りなくなり、キャッシュ不足に陥るリスクが高まります。早急に資金繰りの方法を考えなければいけません。

資金調達が必要な場合はファクタリングが便利

会社のキャッシュフローを確認した結果、手元資金が不足しそうであることがわかったら、早急に資金調達の方法を検討しましょう。キャッシュ不足に陥ると、たとえ黒字でも倒産のリスクが高まります。
資金調達の方法にはいろいろありますが、新規融資を断られてしまった場合や、できるだけ早期に現金を得る必要がある場合は、保有する売掛債権をファクタリング会社に売買・譲渡することで現金化できるファクタリングが便利です。

ファクタリングは、売掛先の会社の信用が審査の対象です。そのため、自社が赤字決算などを理由に金融機関からの融資を断られていても利用できる可能性が高く、金融機関の審査に比べてスピーディーに資金調達ができるという特徴があります。
また、ファクタリングは借入れではないので、会計処理では未収金に分類され、財務キャッシュフローに影響しません。ファクタリングで売掛金を早期に現金化することで、営業キャッシュフロー内での資金調達ができるのです。

ファクタリングやファクタリングの会計処理について、詳しくは下記をご覧ください。
売掛債権を譲渡するファクタリングのしくみとは?
ファクタリングのメリット・デメリットを解説!無理なく利用するには?
ファクタリングの仕訳/勘定科目/消費税は?会計処理の注意点を解説

 
その請求書を最短5時間で資金化

財務キャッシュフローを資金繰りに役立てよう

キャッシュフロー計算書をチェックすることで、会社の抱える資金繰りの問題を明らかにすることができます。資金ショートによる倒産を防ぐためにキャッシュフロー計算書を作成して、営業活動、投資活動、財務活動、それぞれのお金の流れを把握しましょう。
MI Visionでは、ファクタリングによる売掛債権の現金化だけでなく、長期的な資金繰り安定化のためのサポートも行っています。経営資金が不足する可能性が高いと感じたら、まずはご相談ください。

MI Visionへのご相談はこちら
お問い合わせフォーム