お問い合わせ

投資キャッシュフローとは?分析の方法と確認したいポイント

会社のキャッシュの増減を表すキャッシュフローは、その動きをわかりやすくするために、大きく3つに区分することができます。そのうちのひとつで、投資活動の動きを示すものが「投資キャッシュフロー」です。この投資キャッシュフローを含むキャッシュフロー計算書の読み方を理解することで、会社のキャッシュの流れを把握し、経営に役立てることができます。
ここでは、投資キャッシュフローの概要と、数字の読み解き方について解説します。

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは、「会社のキャッシュ(現金)の動き」を表すものです。キャッシュフローを計算するための財務諸表が、キャッシュフロー計算書です。

キャッシュフロー計算書は、すべての企業に作成が義務づけられているものではありません。しかし、キャッシュフロー計算書を作成することで、損益計算書や貸借対照表からは見えてこないキャッシュの動きを把握することができます。

まずは、キャッシュフロー計算書を構成する3つの区分、営業活動による「営業キャッシュフロー」、投資活動による「投資キャッシュフロー」、財務活動による「財務キャッシュフロー」について簡単にご説明します。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローは、営業活動によるキャッシュの動きを示すものです。この営業活動とは、本業による収支を指します。

営業キャッシュフローについては、下記の記事をご覧ください。
営業キャッシュフローからわかることとは?経営状態を分析しよう

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローとは、投資活動による資金の流れを示します。投資とは、株式の購入や売却、固定資産の売買、設備投資などを指します。

財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローは、資金調達に関するキャッシュの動きを示します。具体的には、「借入金の増加と返済」「社債の発行と償還」「株式発行」「配当金支払い」が該当します。

財務キャッシュフローについては、下記の記事をご覧ください。
財務キャッシュフローはマイナスとプラスどちらがいい?見方を解説

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

投資キャッシュフローの項目

将来の事業拡大のための投資活動に、どれだけお金を使ったかというキャッシュフローを表す投資キャッシュフローは、当期末と前期末の貸借対照表を分析して計算します。
投資キャッシュフローに記載する項目には、主に下記の4つがあります。

  • 有価証券の取得による支出と売却による収入
  • 固定資産の取得による支出と売却による収入
  • 貸付金の貸付による支出と回収による収入
  • 預入期間が3ヵ月を超える定期預金の預け入れによる支出と払い戻しによる収入

ただし、プラス要素とマイナス要素をまとめて記載すると、それぞれの内訳がわからなくなってしまいます。そのため下記のように、それぞれの項目をさらに2つに分けて記載する場合もあります。

■投資キャッシュフローの記載方法

区分 金額
有価証券の取得 -◯◯
有価証券の売却 +◯◯
固定資産の取得 -●●
固定資産の売却 +●●

有価証券の取得による支出と売却による収入

有価証券とは、他社の株式や社債などのことです。取得した場合はキャッシュが減りますからマイナス、売却した場合はプラスで記されます。
短期売買を目的とした「有価証券」と、満期まで保有することを前提とした「投資有価証券」を分けて記載することもあります。

固定資産の取得による支出と売却による収入

固定資産とは、1年以上の長期にわたって事業に活用することになる資産のことで、「有形固定資産」と「無形固定資産」に分けられます。
有形固定資産とは、建物や船舶、航空機などのこと。一方、無形固定資産は、形のない固定資産のことです。特許権や商標権、ソフトウエアなどが該当します。
どちらも取得するとキャッシュが減るのでマイナス、反対に売却するとキャッシュが増えるのでプラスで記載します。

貸付金の貸付による支出と回収による収入

他社に対してお金を貸しつけた場合に、貸付金を記載します。貸しつけたらマイナス、回収したらプラスです。「短期貸付金」と「長期貸付金」に分けて記載することもあります。

預入期間が3ヵ月を超える定期預金の預け入れによる支出と払い戻しによる収入

定期預金も、預入期間が3ヵ月を超えた場合、投資キャッシュフローに該当します。預け入れはマイナス、払い戻しはプラスです。

投資キャッシュフローの見方

投資キャッシュフローでは、上記4つの項目ごとに合計値を算出して記載した後、投資キャッシュフロー全体の合計も計算します。ここでは、この合計値の見方について解説します。

投資キャッシュフローがマイナスの場合は投資に積極的

投資キャッシュフローは、「マイナスのほうが望ましい」とされることがあります。これは、新規事業を起こす際など、会社の成長局面では投資キャッシュフローがマイナスになるためです。

ただし、必ずしも「投資キャッシュフローがマイナスなら必ず会社が成長局面にある」というわけではありません。例えば、定期預金に多額のお金を預け入れれば投資キャッシュフローはマイナスですが、これは会社の経営状況とは無関係です。
また、貸付金や有価証券の購入によるマイナスが大きい場合も、その資金が回収できなかった場合、会社にとっては大きな損失になります。

投資キャッシュフローがプラスの場合は投資に消極的

投資キャッシュフローがプラスの場合は、「投資を回収している局面である」ということになります。

貸付金や有価証券を回収したのであれば、特に問題ありません。一方、設備を維持する資金力がなく、売却したためにプラスとなっているような場合や、事業を縮小している場合などは、経営状態が思わしくないという判断にもなります。

投資キャッシュフローの理想的な値とは?

前述のとおり、投資キャッシュフローは、プラスの場合もマイナスの場合も、内訳を確認することが大切です。とはいえ、会社の理想的な状態を考えるのであれば、「本業の利益が出ていて、新たな事業に投資をしている状態」がベストといえるのではないでしょうか。
これは、すなわち「営業キャッシュフローがプラスであり、投資キャッシュフローがマイナスである状態」と言い換えることができます。

なお、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの合計は、「フリーキャッシュフロー」と呼ばれます。これは、「会社が今現在使えるお金」を表します。フリーキャッシュフローがマイナスの場合、投資額が営業利益を上回っている状態ですから、この状態が長く続けば資金繰りが苦しくなります。一方、プラスの場合はキャッシュの余力があるという判断ができます。

ただし、前述のとおり、定期預金への預入は投資キャッシュフローのマイナス要因ですが、「会社にお金がない状態」とはいえません。

 
その請求書を最短5時間で資金化

資金調達が必要な場合はファクタリングが便利

キャッシュフロー計算書をチェックすることで、自社のキャッシュの状態を把握できます。しかし、当然ながら、把握しただけでは資金繰りの問題は解決できません。営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフロー、それぞれのバランスを見ながら、必要に応じて資金調達などの手段をとりましょう。

早急にキャッシュが必要な場合は、ファクタリングによる売掛金の早期現金化がおすすめです。売掛金があれば、最短で即日の資金確保が可能です。ファクリングは借入れではありませんから、これ以上借入金を増やしたくない企業や、融資を断られてしまったという企業にもおすすめの資金調達方法です。自社のキャッシュの状況に合わせて活用しましょう。

ファクタリングについてはこちらの記事をご覧ください。
請求書の買取で現金化!スピーディーに資金調達できるファクタリング

キャッシュフローに不安を感じたらMI Visionにご相談を

キャッシュフロー計算書から、キャッシュ不足の不安を感じたら、早期に手を打つことが大切です。
とはいえ、すぐに資金調達ができない場合や、長期的な安定を目指すための見通しが立てられない場合もあるでしょう。

MI Visionでは、ファクタリングによる一時的なキャッシュの調達と、長期的なキャッシュフローの安定のために、将来債権ファクタリングというサービスを組み合わせてご提供しています。経営状態に合わせたご提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

将来債権ファクタリングについてはこちらをご覧ください。
資金繰りに失敗しない方法とは?将来債権ファクタリングでピンチ脱出

MI Visionへのご相談はこちら
お問い合わせ