お問い合わせ

フリーキャッシュフローとは?計算方法と数字の分析方法を解説

フリーキャッシュフローとは、会社の持つ「余裕資金」のことです。フリーキャッシュフローやキャッシュフロー計算書は、会社の資金繰りや経営状態を把握するために役立ちます。中小企業の場合、キャッシュフロー計算書の作成が義務ではないため、フリーキャッシュフローについて意識してこなかったという経営者の方も多いでしょう。
ここでは、フリーキャッシュフローの計算方法や活用法について解説します。

フリーキャッシュフローは会社が自由に使えるお金のこと

フリーキャッシュフローは、「会社の自由になるキャッシュ(現金)がいくらあるのか」を示す数値です。キャッシュフローを計算するための財務諸表であるキャッシュフロー計算書から読み解くことができます。

フリーキャッシュフローからわかること

フリーキャッシュフローが多ければ多いほど、キャッシュに余力があり、経営状態が健全である可能性が高いといえます。
ただし、フリーキャッシュフローは、あくまでもキャッシュフロー計算書から算出するものです。キャッシュフロー計算書は、ある一定期間(多くの場合、会計期間)の現金の動きを表すものですから、そこから導き出されるフリーキャッシュフローも、その一定期間内に限定されるものです。

詳しくは後述しますが、たとえフリーキャッシュフローがプラスでも、会社の実態を見ると余裕がないケースもあります。経営に役立てるには、フリーキャッシュフローの内訳を理解し、正しい分析を行うことが大切です。

フリーキャッシュフローの計算方法

フリーキャッシュフローは、「営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー」で導き出すことができます。
ある一定期間内の営業活動によるお金の動きの中で、営業キャッシュフローは、商品の売上・仕入れ・人件費・家賃などを指すものです。一方の投資キャッシュフローは、設備投資・有価証券の取得や売却などを指します。

例えば、営業キャッシュフローがプラス1,000万円、投資キャッシュフローがマイナス500万円の場合、フリーキャッシュフローは、「1,000万円-500万円=500万円」となります。
フリーキャッシュフローは、「営業利益から投資に使ったお金を差し引いた金額」で算出することができるのです。

営業キャッシュフローについては、下記の記事をご覧ください。
営業キャッシュフローからわかることとは?経営状態を分析しよう

投資キャッシュフローについては、下記の記事をご覧ください。
投資キャッシュフローとは?分析の方法と確認したいポイント

フリーキャッシュフローの活用方法

フリーキャッシュフローの活用方法

フリーキャッシュフローは、会社が「自由に使って良いお金」で、事業をより発展させていくために活用することが大切です。続いては、フリーキャッシュフローの主な活用方法を3つご紹介します。

新規事業への投資

フリーキャッシュフローがプラス(資金に余力がある)なら、利益が投資を上回っているということですから、新規事業に投じる余裕があることになります。フリーキャッシュフローを活用して事業拡大を目指すことで、会社の成長へとつなげていきましょう。

借入金の返済

会社に借入金が多い場合は、フリーキャッシュフローで返済を進めるという方法もあります。借入金を追加で返済することは、財務体質の強化や利息の軽減に役立ちます。
ただし、繰り上げ返済には手数料がかかることが一般的です。また、繰り上げ返済が認められない場合もあるため、融資を受けている場合は、金融機関などの融資先に相談しましょう。

株主への分配

フリーキャッシュフローの中から事業に必要な資金を確保した後、さらに余剰金が出た場合は、株主へ分配する方法もあります。
ただし、非上場企業の場合、自社の役員や社員への配当金が経費にできないことや、配当にかかる税金が総合課税であることなどから、配当金をあまり出せないケースが一般的です。
中小企業の場合は配当金にするよりも、設備投資や繰り上げ返済に使ったほうがメリットは大きい可能性があります。

 
ファクタリングへの電話申し込みはこちらから

フリーキャッシュフローの分析例

フリーキャッシュフローの分析例

ここまで、フリーキャッシュフローの数字がプラスの場合は、「キャッシュに余力がある状態」とみなせるという説明をしてきました。しかし、フリーキャッシュフローがプラスだからといって、必ずしも経営状態が良いとは限りません。そのほかのキャッシュフローと併せて分析する必要があります。
ここでは、フリーキャッシュフローがプラスの場合、マイナスの場合、それぞれについて、具体的な分析例をご紹介しましょう。

フリーキャッシュフローがプラスの場合

<例1>
営業キャッシュフロー:プラス500万円
投資キャッシュフロー:マイナス300万円
財務キャッシュフロー:プラス100万円
フリーキャッシュフロー:500万円-300万円=200万円

営業キャッシュフローがプラスということは、本業で利益が出ていることがわかります。また、投資キャッシュフローはマイナスですが、利益の範囲内で設備投資などの投資活動を行っているため、特に問題のないケースだといえるでしょう。

<例2>
営業キャッシュフロー:0万円
投資キャッシュフロー:プラス200万円
財務キャッシュフロー:プラス300万円
フリーキャッシュフロー:0万円+200万円=200万円

フリーキャッシュフローの金額だけを見ると、例1の場合と変わりません。しかし、内訳はまったく異なります。
例2の場合、この会社は営業キャッシュフローがプラスになっていないため、本業で利益が出ていません。一方、投資キャッシュフローがプラスということは、資産の売却などによって現金を得ています。さらに、財務キャッシュフローもプラスですから、新たな借入れを行っているということです。
そのため、フリーキャッシュフローはプラスであるものの、経営状態がかんばしくない、資金調達が必要であるという状況を読み解くことができます。

フリーキャッシュフローがマイナスの場合

次に、フリーキャッシュフローがマイナスの場合の例を紹介します。

<例3>
営業キャッシュフロー:300万円
投資キャッシュフロー:マイナス500万円
財務キャッシュフロー:プラス200万円
フリーキャッシュフロー:300万円-500万円=-200万円

例3の場合、営業キャッシュフローを超える投資活動などを行っていることから、フリーキャッシュフローがマイナスになっています。本業で得た利益以上の無謀な投資などをしている場合、見直しが必要です。
ただし、事業拡大に伴う一時的な支出がかさんでいる場合は、問題ではありません。今後、事業拡大に伴ってフリーキャッシュフローがプラスに転じるかどうか、継続してチェックしていきます。

資金調達が必要な場合はファクタリングが便利

フリーキャッシュフローが枯渇した状態が続くと、手元資金が不足して経営に問題が起こる可能性があります。資金繰りに不安を感じたときは、早急に対処が必要です。
ただし、融資は利用しすぎると財務キャッシュフローが大きくプラスに傾いてしまいます。また、借入れまでに時間がかかることから、急ぎの資金調達にはあまり適していません。

このように、早急な資金調達や、借入れ以外の資金調達を必要としている場合は、ファクタリングが便利です。回収予定の売上金を早期に現金化できるファクタリングは、当座の資金調達に最適です。さらに、最短即日で資金調達ができますし、融資ではないため長期的な返済の必要のない点もメリットといえるでしょう。

ファクタリングについては、下記の記事をご覧ください。
請求書の買取で現金化!スピーディーに資金調達できるファクタリング

 
その請求書を最短5時間で資金化

フリーキャッシュフローで余裕資金の推移を確認しよう

フリーキャッシュフローをチェックする際は、単独の数字ではなく、それぞれのキャッシュフローとのバランスや、事業の状況と合わせて考えることが大切です。同時に、単年ではなく、複数の年度の推移についても確認することが重要です。

MI Visionでは、短期的な資金調達と長期的なキャッシュフロー健全化の両面から、資金繰りのサポートを行っています。フリーキャッシュフローが心もとなく、余裕資金に不安を感じている方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

MI Visionへのご相談はこちら
お問い合わせ