お問い合わせ

ABL(売掛債権担保融資・動産担保融資)とファクタリングの違いとは?

企業が資金調達をするには、さまざまな方法があります。中でも売掛債権を対象とする資金調達法には、ABL(動産・債権担保融資) とファクタリングの2種類がありますが、その内容や効果はそれぞれ異なります。
両者の特徴やメリットを知れば、より経営状況にマッチした資金調達法を選択できるようになるかもしれません。
混同しがちなABLとファクタリング、それぞれの手法についてまとめました。

売掛債権を利用した2つの資金調達法

売掛債権を利用した資金調達法には、ABLとファクタリングの2種類があります。売掛債権とは、将来的に現金を手に入れることが約束された債権ですが、企業の経営では即座に資金が必要な場合もあるでしょう。そのようなとき、売掛債権を利用して現金を調達することができるのです。

ABLとは?

ABLとは、アセット・ベースト・レンディングの略で、動産・債権担保融資といいます。これは、売掛債権や在庫、設備などを担保に融資を行う手法のことです。
日本では融資を受ける際、保証人を立てたり不動産を担保に入れたりするのが一般的でした。しかし、保証人や不動産に対する依存が大きすぎることから、近年、金融庁を中心にABLの利用が推進 されています。

ABLを利用する際は、個人の保証人が不要です。代わりに、信用保証協会が保証を行います。
この保証制度は中 小企業庁が創設したもので、元々は「売掛金債権担保融資保証制度」という、売掛債権を担保とした融資に対する保証制度でしたが、「流動資産担保融資保証制度」として対象が拡大され、在庫や設備を担保にして保証を受けることもできるようになったのです。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、売掛債権を売買・譲渡することによって現金化できる手法のことです。欧米では一般的であるものの、手形文化がいまだに残っている日本での歴史は、それほど長くありません。

日本におけるファクタリングには、買取型ファクタリングと保証型ファクタリング、海外との取引を想定した国際ファクタリングの3種類があります。
欧米で多く利用されている一般的なファクタリングである買取型ファクタリングは、さらに2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの2種類に分類することができます。

2者間ファクタリングは、債権を保有している企業とファクタリング会社のあいだだけで取引が完了します。そのため、売掛先に知られることなく手続きを進められるというメリットがあります。
3者間ファクタリングは、債権を保有する企業とファクタリング会社、売掛先の3者間で取引が行われます。売掛金の回収もファクタリング会社が行うため面倒がなく、手数料も低いというメリットがありますが、売掛先に知られてしまう上に、2者間ファクタリングに比べると現金化までの期間も長くなります。

ABLとファクタリングの特徴を比較

おもに、売掛債権を対象とするABLとファクタリングですが、両者の違いについて、項目ごとに見ていきましょう。

契約内容

ABLは、売掛債権を担保にした「融資」であるのに対し、ファクタリングは売掛債権の「譲渡」です。
ABLとファクタリングのさまざまな違いは、すべて、この「融資」か「譲渡」かという違いから発生しています。

利用に必要な費用

ABLはその名のとおり融資ですから、所定の利息がかかります。100万円以上の融資を受ける場合の年率の上限は15%で、一般的に8~15%程度に設定されるケースが多くなっています。この利息は、不動産担保融資に比べるとやや高めになっています。

一方のファクタリングの場合は譲渡ですから、利息はかかりません。その代わり、ファクタリング会社に対する手数料がかかります。ただし、手数料は債権の額から差し引かれることになるため、実際に現金を支払う必要はありません。例えば、「500万円分の債権を425万円でファクタリング会社が買い取る」といった形で行われます。

現金を手にするまでの期間

ABLでは、融資の実行までに約2週間から1ヵ月程度の時間を要します。初めて利用する際の審査には、特に時間がかかると考えておいたほうがいいでしょう。
一方、ファクタリングの場合は、ファクタリング会社の規定によりますが、最短即日、平均3日前後で現金化することが可能です。

審査内容

ABLでは、取引先と融資を受ける企業の審査がそれぞれ必要です。過去の経営状況も対象になるため、経営状態が良くないと融資が受けられないおそれもあります。
一方のファクタリングは、自社の経営状況ではなく、取引先の信頼度を確認されます。そのため、起業して間もない企業や赤字経営の企業でも利用できる可能性が高くなります。

返済方法

ABLの場合は、融資金額の元本と利息を分割で返済します。
ファクタリングの場合は、2者間であれば取引先から売掛金が入金された後、一括でファクタリング会社に支払いを行います。3者間の場合は、取引先から直接ファクタリング会社に入金されるため、債権譲渡後に支払いをする必要はありません。
なお、売掛先の倒産などの理由によって債権が回収不能になった場合、ABLでは返済を続ける必要があります。

売掛金の対象

ABLは、将来発生する予定の売掛金も含めて、総合的に融資額が決定されます。
ファクタリングでは、すでに発生している債権が対象です。納品が済んでいない案件などについては原則として対象外となります(ただし、MI Visionをはじめとする一部のファクタリング会社では、一度取引のある企業に対しては将来債権ファクタリングとしてサービスの利用が可能)。

取扱会社

ABLは、銀行や事業会社のような、資金の貸し付け免許を持った業者が行います。
ファクタリングは、ファクタリング会社が取り扱います。

登記の内容

該当する債権に対して、ABLでは譲渡担保、ファクタリングでは債権譲渡の登記がなされます。

会計処理

ABLは融資のため、会計上の負債に該当します。一方、ファクタリングは譲渡なので、未収金として処理します。なお、ABLの利息は支払利息 、ファクタリングの手数料は売上債権売却損 として、どちらも損金計上ができます。

ABLとファクタリング、どちらを選ぶべきか

資金繰りに困ったときに、ABLとファクタリングのどちらを利用すべきかというと、これは資金の用途によって異なります。

ABLには、分割で返済が可能であるという大きなメリットがあります。また、将来の債権や在庫を含めて融資を受けられるため、多額の借入れも十分可能ですが、融資までに時間がかかるといったデメリットもあります。
そのため、ABLに適しているのは、事業計画に基づいて行う新規設備への投資資金や、事業拡大のための費用ということになります。融資を極端に急ぐ必要もなく、少額ずつ長期的に返済していくことで負担を軽減することもできます。

一方のファクタリングは、締め日と支払日の関係や、一時的な大口取引のために現金が必要なときに適しています。現金化までの日数が短いため、余裕がない状況であってもスピーディーに資金を手に入れることができる点が大きなメリットでしょう。また、自社の信用情報に不安があるという場合も、ABLよりファクタリングが適しています。

現金不足により資金繰りがうまくいかないというときは、ABLのように時間をかけて審査が行われるような手法は適していません。ファクタリングで早期に現金化を図ることで、大きなトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。
な お、ファクタリングはあくまでも譲渡で、借入れではありません。そのため、将来融資を受ける際に審査に及ぼす影響も、ABLを利用した場合よりも低いと考えられます。

ABLとファクタリングを正しく使い分けよう

売掛債権を利用して現金を手にすることのできるABLとファクタリングですが、ABLは融資、ファクタリングは売買・譲渡と、その性質はまったく異なります。
それぞれの特徴を理解した上で、経営状況に適した資金調達法を選びましょう。両者を意識的に使い分けることができれば、よりスムーズな経営が可能になるでしょう。