お問い合わせ

スタートアップの資金調達になぜファクタリングが有効なのか?

企業が何か新しいビジネスモデルをスタートさせる場合、その事業が軌道にのるまでの運転資金や設備資金を調達することは、企業活動を健全に存続させていくためにとても大切なことです。しかし、営業実績がないスタートアップ企業にとって、銀行や投資家からの融資・援助を受けることは簡単ではありません。
そこで、スタートアップ企業が資金調達をする方法には、どのようなものがあるのかをまとめました。また、数ある資金調達方法の中でも、ファクタリングが有効な理由も紹介します。

スタートアップとは?

そもそも、スタートアップという言葉は何を指すのでしょうか。その特徴をまとめました。

スタートアップの意味

スタートアップは、「始める」「起こす」といった意味を持ちます。これは、まったく新しい概念や技術を武器に、短期間で急速に成長させようとする試みや動きのことを指します。また、新たな切り口から、物事をとらえることも、スタートアップということができます。

日本のビジネスの場においては、スタートアップは「起業」と同じ意味として使われることが多くなっています。ただし元々は、企業に限らず、法人格を有していない個人事業主や、これから法人を立ち上げようとしている同じ志を持った集団なども、スタートアップの一種とされています。

ベンチャーとスタートアップの違い

一般的に、日本で使われるベ ンチャーという言葉は、投機という意味合いが含まれる英語のベンチャー(Venture)から生まれた和製英語です。確実に収益を上げられるという根拠は乏しいものの、革新的な事業や新たな試みに対して挑戦し、成長の途上にある小規模な企業に、この言葉が使われます。
また、既存の企業内において、冒険的な新しい試みを行う新規部門を、社内ベンチャーと呼ぶ場合もあります。
スタートアップは、厳密には企業だけに使われる言葉ではありません。一方、ベンチャーは企業そのものを指す言葉です。しかし、日本ではこれらの言葉の使われ方に、明確な違いがないのが現状です。

スタートアップの資金調達法

立ち上げ直後のビジネスは、活動が軌道にのって売上が安定するまで、製品開発や仕入れのための設備資金がかかるばかりで、なかなか収益を上げられないこともあります。また、売掛金のサイクルの問題で、売上が入金されるまでに時間がかかることもあるでしょう。
このような状態を放置していると、資金がショートしてしまうおそれがあります。そこで必要になるのが、資金の調達です。スタートアップ企業の資金調達方法には、おもに次のようなものがあります。

ベンチャーキャピタルによる投資

未上場企業に対して出資を行う機関であるベンチャーキャピタルによる投資は、融資とは違い企業の成長を見込んで資金を出資するため、「返済する必要がない」という大きなメリットがあります。
半面、ベンチャーキャピタルは利益を上げるために投資をするわけですから、「そもそも審査がきびしい」「投資後の経営方針について意向をくむ必要がある」「成長の見込みがないと判断された場合は、資金を回収される可能性がある」といったデメリットもあります。

金融機関や公的機関からの融資

信用保証協会の「保証付融資」や、銀行の「プロパー融資」などのほか、国が出資する団体である日本政策金融公庫の「新創業融資制度 」などを利用する方法もあります。新創業融資制度は、新たに事業を始める方やスタートアップ企業のために設けられた融資制度ですから、「創業間もない」という理由で融資を断られるリスクは少ないでしょう。
そのほか、友人や親戚等からの借入れ、不動産を担保にした借入れ、債権を担保にした借入れなどもあります。

補助金や助成金制度の利用

国や地方自治体の制度を利用し、返済不要の補助金や助成金を受ける方法もあります。
補助金は、公募の期間内に応募して採択されたら、必要な資金の一部に対して支給されるというものです。
例えば、創業時にかかった補助対象の経費について、3分の2まで(上限1,000万円)補助を受けられる「創業支援等事業者補助金」などがあります。ただし、これを利用するためには、きびしい審査を通過しなければいけません。一方の助成金は、一定の条件を満たすことで必ず支給されます。
なお、補助金や助成金の支給タイミングは、交付決定後すぐにではなく、多くは事業の実行後であり、審査から入金まで時間がかかるのが一般的です。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、不特定多数の人にインターネット上のクラウドファンディングサイトを通して広く出資を求めるという資金調達方法です。
クラウドファンディングには、出資を受けた企業が出資額に応じた商品やサービスのリターンを行う「購入型」のほか、寄付金を募る「寄付型」、株式発行やファンドのしくみを利用した「金融型」といった種類があります。
商品のほか、新規店舗の出店やイベントの開催など、クラウドファンディングは幅広い分野で利用されています。なお、目標額に達しなくても資金を受け取ることができる、「実行確約型」のクラウドファンディングも存在しています。

ファクタリング

ファクタリングは、売掛債権を第三者のファクタリング会社が買い取るサービスです。
売掛金のスピーディーな現金化が可能なため、事業が軌道にのるまでの運転資金調達にも適しています。詳しいメリットについては、次の項目でご説明します。

スタートアップ企業にファクタリングがおすすめの理由

スタートアップ企業の資金調達方法として、ファクタリングには非常に優れた特徴があります。ファクタリングをおすすめする、3つの理由を見てみましょう。

1 売掛先に知られない

ファクタリングには、ファクタリング会社とファクタリングを利用したい企業の2社間で取引を完結させる「2社間ファクタリング」と、売掛先も含めて取引を行う「3社間ファクタリング」があります。
2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先にファクタリングを利用したことが知られることはありません。そのため、信用を損ねることもなく、内密に手続きを進められます。
スタートアップ企業にとって、取引先からの信用は非常に大切なものです。実際に問題がなかったとしても、「資金繰りがきびしいのかもしれない」と危惧されることは避けるべきでしょう。

2 スピーディーな資金調達ができる

予定していた入金が遅れているなど、企業活動を行う中で、急いで資金調達をしなければならない場面もあるでしょう。

一般的な融資や補助金、助成金などは、現金が入金されるまでにかなりの時間を要する場合がほとんどです。一方、ファクタリングの場合、申し込みから数日程度というスピーディーな入金が可能です。今すぐ現金が必要という場面でも、活用しやすい調達方法といえるでしょう。

3 自社の信用より売掛先の信用

スタートアップ企業は、長く経営を続けている企業に比べると、どうしても金融機関から信用を得るのに時間がかかるため、融資の審査で不利になりやすい傾向があります。
その点、ファクタリングでは、自社ではなく売掛先の信用をメインに審査が行われるため、スタートアップ企業でも安心です。

企業存続・拡大のためには資金に余裕を持つことが大切

スタートアップ企業の資金調達方法はさまざまです。それぞれの特徴を知り、適した方法を選択できるようにしておきましょう。
開業資金や設備投資には新創業融資制度やクラウドファンディングを利用し、軌道にのるまでの運転資金はファクタリングを利用するなど、複数の資金調達方法を使い分け、余裕のある企業運営を目指しましょう。