資金調達における疑問点を解決

サイトマップ
受付時間9:30-19:00 (日曜・祝日除く) 0120-818-988
0120-818-988

よくある質問

利用の際の不安を排除

ファクタリングは、融資とは全く異なる資金調達のため、利用前に強く不安を感じる経営者様も少なくありません。以下によくある質問事項をまとめておりますので、皆様の参考になれば幸いです。
掲載されていない質問事項に関しましても、電話でのご相談で随時対応しておりますので、遠慮なくご相談ください。

取引先に知られたくないのですが…

取引先に債権譲渡通知を留保することにより、第三債務者【売掛先】に知られないようにする事は可能です。

申込みからどれぐらいで資金調達が出来ますか?

平均で3日で資金調達が可能です。

赤字決算ですが利用できますか?

ご利用出来ます。
弊社では、売掛金を中心とした審査を行っております。銀行融資のように時間がかかったり煩わしいことはありません。

開業して間もないのですが利用できますか?

ご利用出来ます。
新しい会社でも、健全な営業を行っておりましたら全く問題ございません。

法人ではないのですが利用できますか?

申し訳ございません。ご利用頂くことはできかねます。
法人様向けに限定させていただいております。

ファクタリングの対象となる売掛金とはどんなものですか?

法人間の商取引で発生する売掛債権であれば、そのほとんどが買い取りの対象となります。

買取対象とならない売掛債権とはどのようなものですか?

法人間の商取引における役務(サービス)が提供中で完了していないものは、いかなるケースであっても買い取る事が出来ません。

銀行やノンバンク等が行う事業性融資との違いは?

償還請求権が有るか無いかの違いです。

事業性融資でないファクタリングならば、代表取締役の個人保証は必要ありませんか?

全く必要ございません。
貴社の所有している正常な売掛債権を買取らせて頂くので、売掛債権に対する代表者様の個人保証は一切必要ありません。
貸金業者である、金融機関及びノンバンクとの償還請求権の有るファクタリング融資契約では代表者様の個人保証が必要となりますが、弊社の償還請求権の無いノンリコースファクタリング契約では個人保証は必要御座いません。

なぜ買い取ってもらった売掛先が倒産しても、返済しなくても良いのですか?

売掛先企業の調査をしたうえで買取を実行致しますので、売掛先倒産のリスクも含め買取をさせて頂いております。従って、売掛先倒産リスクに応じて売掛金の買取額にも変動があります。

売買する売掛金に対しての掛目(かけめ)はどの位まで見てもらえるんですか?

通常は80%〜95%の範囲の中で掛目を取りますが、売掛先の信用度合により掛目を低めに設定することもございます。ご了承下さい。

売掛債権売買契約での最低取扱金額はどれくらいですか?

130万円以上の売掛金よりお取引可能です。

ファクタリングを利用するにはどのような資料が必要ですか?

以下の書類が必要となります。
1.お申込者様の身分証明書、住民証等の本人確認書類、履歴事項全部証明書。
2.決算書コピー
3.過去、直近の取引入金の確認が出来る書類
4.取引先との基本契約書
5.成因資料(発注書・納品書・請求書)
止むを得ず準備できない場合はご相談下さい。
柔軟に対応いたします。

資金調達したことが取引先企業に開示できないようにすることは可能ですか?

もちろん可能です。
ただし、お客様側が契約義務違反した場合開示する場合もあることをご了承ください。

無断で債権譲渡通知を売掛先に送ったりすると聞いたことがあるのですが本当ですか?

MI Visionでは無断で債権譲渡登記を入れたり債権譲渡通知の内容証明を送付したり等、お客様の企業信用を失うような行為は"絶対に"しません。

金利はどれぐらいですか?

弊社は貸金業者では御座いませんので金利は頂いておりません。
償還請求権が無しで買い取る為、買い戻し特約も存在しません。
ファクタリング業者の買取価格が高ければ高いほど有意義な資金調達が可能となります。
詳しくは担当者までお問い合わせください。

即日の買取は可能ですか?

まず、お客様から書類提出後、書類審査および売掛先調査に1日必要になりますので平均翌日にご回答となります。
お客様から必要書類をご提出頂くのに時間が掛かればその分調達までの日数も必要になります。
平均的な資金調達の期間は3日です。

地方で事業をしておりますがファクタリングのご相談は可能ですか?

問題ありません。
弊社専門スタッフにより事前のヒアリングをさせていただき、事業資金調達のご相談を承っております。

どのような企業が利用していますか?

企業規模としては中小、中堅企業様からご利用いただいております。
また、創業間もない企業様にもご利用していただいております。

金融機関の融資とは何が違うのですか?

返済という概念が存在しません。
金融機関のファクタリングは償還請求権が付いているリコースファクタリングで、弊社ではノンリコース【償還請求権無し】なので、万が一売掛先が倒産した場合でもお客様に請求は行きません。

お問い合わせ・無料相談はこちらから
メールフォームからお問い合わせ
メールフォームから
お問い合わせ
将来債権買取はこちら
開く
将来債権買取はこちら