資金調達サービス紹介

金融を知り尽くした精鋭スタッフが
様々なサービスで御社の経営安定化を支援

お客様の経営に寄り添います。

CONCEPT

短期的な資金調達だけでなく、
長期的なキャッシュフロー安定化を目指す。

安心経営を実現する
2種類のファクタリング

短期のファクタリングによる瞬間的な資金繰りの枠を越え、
お客様が心の底から安心して経営をいただけるように、
財務・経営コンサルティングや独自のファクタリングサービスをご提供します。

SERVICE

MI Visionのご提供サービス

様々なサービスソリューションを通じて、
お客様の安心・健康的な経営を実現します。

ファクタリング事業

最短即日の資金調達サービス

資金繰りにお困りの企業・経営者様のための資金調達サービスとして
近年注目が高まっている「ファクタリング」。

最大の特徴である「スピード(最短即日入金)」をもって、
お客様の安心経営をサポートします。

また、MI Visionでは幅広いファクタリング手法に対応しており、
様々なニーズにお応えすることが可能です。

ファクタリングサービス一覧

  • 売掛債権
    ファクタリング
  • クレジット決済
    ファクタリング
  • 診療・介護報酬
    ファクタリング
  • 請負債権
    ファクタリング

長期的なキャッシュフロー安定化を実現する
MI Vision独自のファクタリングサービス

将来債権ファクタリング

30日後、60日後、90日後の
“将来”発生するであろう請求書を
資金化できる!

“将来”発生するであろう請求書を“まとめて”買取!
3ヶ月先までの請求書(将来債権)の譲渡により
毎月のお支払いに余裕を。

財務コンサルティング事業

財務コンサルティングの目的

財務体質の改善は大きく「バランスシートの改善」と「収益の改善」から成り立っています。この2つの改善を果たすことで、財務体質は大きく改善されます。

資金調達と同時にこれらのサポートを行うことが、資金調達のお手伝いの要だと考えています。

経営者自身がどのように財務的な業績を与えるのか?

言うまでもなく、財務的な業務について経営者ご自身が与える影響は極めて大きいです。
経営者は何をしなければならないのか、そしてそれがどのように影響するかをわかりやすくお伝えしたいと考えています。

財務専門以外の方にも
わかりやすく説明

財務のための業務と経営を結びつけながら、わかりやすくお話をしたいと考えています。
特に、経理や税理士さんに任せっぱなしといった経営者の方にも、財務や経理の専門知識が必要ないように噛み砕いて丁寧にご説明しますのでご安心ください。

財務原則に基づく経営者の意思決定のための解説

経営者の重要な仕事は「正しい判断に基づいて意思決定すること」です。これは財務においても同じことが言えます。
財務マネジメントの目的をしっかりと踏まえ、現状把握・目標の設定をしてうまく活用していく。これらのプロセス単位でしっかりと意思決定していくことが、財務体質を改善していくことへの道程なのです。

財務目標の設定

企業がどのようにして財務目標を設定し、さらにその目標を達成するために通過すべき道程とその概要を説明します。
財務目標の具体的な設定は多岐にわたりますが、直接部門的財務目標を中心に設定していくと良いでしょう。
収益性」「安全性」「生産性」「成長性」という4つの観点に対しての目標設定が求められます。

01 収益性

企業価値の向上は広い意味で財務体質改善に大きく貢献するものです。信用や信頼につながるもので、他の要件とも大きく関わってくるのです。

具体的な戦略目標は株主価値の向上、キャッシュフロー向上、経済付加価値の向上、市場付加価値の向上が挙げられます。

02 安全性

安定性を確保するための財務目標は、様々な目標設定の中でも基盤となるものです。

したがって、重要でありしっかりとした目標設定が求められます。具体的な戦略目標は利益確保の手段、
財務安定性の確保、収益性の分析、ロイヤリティ収支の向上などが挙げられます。

03 生産性

生産性の向上は様々な目標設定を推し進めるために重要であると言えます。財務体質改善に拍車をかける役割を担っていると言っても良いでしょう。

具体的な戦略目標はコストの低減、資産活用を促進、販売管理費の効率的な支出、労働分配率の向上などが挙げられます。

04 成長性

成長性を確保するための財務目標は、安定性の確保と同様に重要であると言えます。成長を求めずして、現状維持はないとお考え下さい。

具体的な戦略目標は売上・シェアの拡大、財務的成長性の確保、プロジェクト推進・業績向上が挙げられます。

財務目標の活用

財務目標(これからの未来)財務諸表(これまでの過去)を用いて財務体質の改善を図ります。
そのためにも、財務諸表による業績評価を徹底し、今後の理想とする財務目標への計画を立てる必要があります。
これをしっかりと把握することこそが、目標をしっかりと見定める鍵となりますのでしっかりと理解しましょう。

01 問題点の把握

財務諸表から見る経営上の問題を予め把握することで、設定された目標においても障壁となる問題と、障壁にはならない問題とを整理することができます。

02 ロードマップ作成

問題の把握と障壁の有無などを総合的に勘案して、実際の行動へ移すためのロードマップを作ってまいります。

何をどれくらいの時間(期間)で実施していくかを明確にすることが重要です。場合によっては目標の修正も必要となるでしょう。

03 進捗の把握

ロードマップにそってその進捗を把握していきます。

特に着手、未着手などをしっかりと把握して取りこぼしのないようにすることが重要です。また、その進捗をしっかりと記録することも大切です。

04 目標との比較

ロードマップにそって進めていくと、次第に先に設定した目標との比較分析に入ってまいります。

到達すべき目標との比較で、遅れや実行の難易度をリアルに把握できます。ここで経営判断として目標の微修正も必要となるでしょう。

その請求書、資金化できるか
今すぐチェック

スピード診断

お電話でのご相談はこちら

0120-818-988

0120-818-988

受付時間9:00-19:00
(土日祝日除く)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ