ファクタリング審査判断基準:第4章:(財務編)

1  BS:(バランスシート)

審査で最も大事なのは、お客様の財務内容です。BSでの着眼点は、売掛金よりも買掛金が多くはないだろうか? 買掛金が圧倒的に高い場合は、買掛先に支払いが遅れてる可能性が極めて高いと予想されます。様々な角度から分析し、お客様の財務状況をチェックしております。純資産については、毎年利益剰余金が増え続けてるのか否か? または損失なのか? 会社の実態が問われる項目なので、大きな判断材料とさせていただいております。

2         PL:(損益計算書)

損益計算書をみる場合、以下の項目を確認します。 「粗利益率」 「営業利益率」 「経常利益率」 「当期純利益」 その後で、販売費及び一般管理費をチェックし、適切なランニングコストはどのくらいなのか確認します。中小企業にありがちな交際費を使いすぎてる決算書を時々拝見します。交際費を使いすぎる理由は、節税のつもりで過大に経費計上しても会社に利益を生み出さなければ、キャッシューフローが悪くなっていきます。利息、手数料など有利子負債ばかり増えて、利益率が悪くなってしまいます。本来であれば、利益剰余金を毎年増やし続けて、会社の財務基盤を強くしなければいけないのですが、財務をわからずに経営してる代表者も大勢いらっしゃいます。会社を良くしようと思ったら正しい経営をお心がけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)