新元号「令和」

とうとう4月になりましたね。今日から学校は新学期になり、企業も新たな会計年度を迎えることになります。いずれも新しいメンバーを迎え入れる点は変わりなく、組織は若いエネルギーを取り入れてリフレッシュして期の変わり目を迎えます。電車に乗るとスーツを着慣れない若者が、まだ都会の電車の乗り方もわからずにいる姿を見かけます。ドアがあいても入り口を塞いで降りるお客様の邪魔に気づかず顰蹙(ひんしゅく)を買っている若者がいたり、席を譲ろうとする善良な若者と譲られたことが納得できない初老の女性がお互いに空いた席を譲り合っていると、座りたそうな顔した中高年の女性たちが虎視眈々と周囲に集まってくる風景もこの時期によく見かけます。しばらくはマンウオッチングの楽しい時期になりそうですね。

今日は4月1日ですが、さて何年だったっけ? と、時々ど忘れします。西暦なら2019年、平成なら31年となかなか二つが一致しないことが多くて、頭を悩まします。ところが来月からこの平成ともお別れになりますね。新しい元号は「令和(れいわ)」です。本日、発表がありました。万葉集の一節から引用した言葉と聞きました。まだあまり馴染みはないですが、これから2019年は令和元年として認識されるようになるのですね。この元号がいつまで続くのかわかりませんが、災害や戦争などの有事が少ない平和な時代になることを心から願っております。今日からカレンダーや雑誌、新聞、書籍等、印刷業界の方は本当に忙しくなるのでしょうね。元号が変わっても私たちMI Visionは引き続きお客様の資金調達をご支援してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)