ファクタリング契約:2社間と3社間の審査判断違い

ファクタリングには、「2者間契約」と「3者間契約」の2つの種類があることを皆さんはご存じでしょうか?

2社間契約の審査は、「お客様の財務状況」が特に審査判断の重要なポイントとなります。それはなぜかというと、2社間契約の場合は、売掛先からの入金をお客様が一度受け取ってから弊社に入金いたします。その集金業務を代行して貰うので業務委託契約を結ぶことになります。ファクタリング会社が買い取った売掛債権が、一度お客様の手元に移動することになるので、御社の財務状況が大変気になります。財務状況が悪化してくると、駄目だとわかっていても遣い込みをするお客様が時々見受けられます。そのような場合、説明を求めると、他の支払いに充てたと回答するお客様が殆どです。契約書にも記載されてますが、その行為は犯罪そのものです。言い換えれば、業務横領罪になりますので、そのような行為は一切慎んでいただきたいと思います。2社間契約については回収面のリスクが高まることが、手数料を引き上げる理由となります。

それに比べ、3社間契約の審査は、「売掛先の財務状況・与信状況」が審査判断の重要なポイントになります。それが何故、重要なのかというと、3社間契約の場合は、売掛先からファクタリング会社に直接入金していただくことになります。その為、売掛先の与信状況、財務状況がとても重要です。財務状況を調べる場合は、大手調査会社を経由して調べております。ファクタリングでは、お客様が売掛債権をファクタリング会社に売って資金調達を行いますが、取引先が不渡りになったり経営破綻した場合は、お客様に請求することができません。その場合、私達はお客様ではなく、売掛先に直接回収することになりますので、売掛先の与信状況や財務状況が最も重要なポイントになるわけです。

3社間については、3社全員が合意した取引であり、2社間に比べて回収面のリスクが少ない為、手数料が相対的に安くなります。その為、ファクタリングで資金調達を考えているお客様は、可能であれば、2社間よりも3社間での契約を一度はご検討してみてください。いかなる場合もご相談に応じますので、ご連絡のほど宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)