大阪出張

先程までは18時発の新幹線で新大阪へ向かう途中でした。あたりが暗いせいか、又は、週末の雨が原因なのかは良くわかりませんが、もう車窓からは桜の景色は見えません。それにしても、今年の桜は3月中旬から、つい先日まで都心では約1ヶ月近く楽しむことができました。3月がとても暖かくなって例年より早めに開花したことから、入学シーズンには桜の出迎えが期待できないのではないかと危ぶまれておりました。でも途中、4月になってから冬に舞い戻った感があり、一度開きかけた桜が満開を遅らせることとなり、今年の春は桜を十分に堪能できたのではないでしょうか? その分、なかなかダウンジャケットや厚手のコートをクリーニングに出すタイミングを失ってますが、本当に華やかな春となりました。

本日は対面契約のため、新大阪にわずか40分の滞在でしたが、往復5時間を費やして東京に戻って参りました。ネットだけで完結する同業他社もある中で、効率を考えればとても非効率なことをしている私たちですが、互いの顔を確認しながら信頼感の構築に努めております。私たちは資金という企業にとっては血液にも値する大切なものを供給する役割があり、リスクを回避しながら、お客さまのために説明しながらその責任を果たしています。「支払が分割できる上に、わざわざ大阪までお越し頂けるなんて」と女性経営者には大変喜んでいただけました。この仕事をする上で冥利に尽きる瞬間でした。弊社独自の将来債権を活用して、支払いを分割できる方法を取らせていただきました。これでファクタリングを解消出来る道筋をつけることができたと自負しております。帰りはこのブログを書きながら帰路に着きました。

途中、オーストラリアから旅行中のご家族と隣り合わせになりました。今晩は京都に泊まってから、まもなく3週間の行程を終えて帰国されるそうです。新大阪から京都までのわずか15分ほどの間でしたが、国境を超えた草の根外交をさせていただきました。お礼に手の平サイズのコアラの人形を戴きました。出張の良き思い出となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)