MI Visionの営業姿勢

さて、今回はファクタリングの依存についてお話しします。

ファクタリングは、融資ではなくお客様の資産である売上債権を譲渡し資金化をすることなのですが、ファクタリングを”借りる”感覚で利用する方が結構多いです。MI Visionでは、契約の際にもちゃんとファクタリングの説明も行い契約書類等を相互に確認をして契約内容を明確にし、最終的にお客様に納得をしていただいて契約をしていただいております。

前述でも書いている通りファクタリングは売上債権を前倒ししているに過ぎないのです。ですからその後の資金繰りもしっかりと考えていかなければ毎回ファクタリングを利用することとなり、その差額分で経営はどんどんと悪化の道を辿ってゆくだけなのです。

MI Visionでは、ファクタリングに依存しないためお客様の財務状況もしっかりと確認し、お客様の改善に向けたアドバイスなども行なっています。まだまだ知識的には足りない部分はありますが、そのぐらいの気持ちでお客様と接していくというのがMI Visionのスタイルです。

ですから何でもかんでもファクタリングをするということではなく、今ファクタリングをしたらこの会社は余計に立て直すことが難しいと判断した場合には断ることもあるのですが、その時は非常に心苦しいものもあります。しかし、それもお客様のためを思ってのことなのです。

MI Visionでは今はファクリングでの買取ではお客様を満足させることには足りていないのですが、それ以外でのお客様の会社をよくしていくためのコンサル今はそこに重きを置き付加価値をつけてやっているところでございます。近い将来にはファクタリングや財務体質改善のためのコンサルでもお客様に喜ばれるような会社に必ずなってみせます。

これからもMI Visionをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)